過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

1級土木施工管理技術の過去問「第20844問」を出題

問題

[ 設定等 ]
河川護岸の施工に関する次の記述のうち、適当でないものはどれか。
   1 .
石張り(積み)工の張り石は、その石の重量を2つの石に等分布させるように谷積みでなく布積みを原則とする。
   2 .
鉄線蛇かごの詰め石の施工順序は、まず石を緩く入れておき、低い方から順次かごを満杯に詰め込んでいく。
   3 .
護岸部の覆土や寄せ石の材料は、生態系の保全、植生の早期復元、資材の有効利用のため現地発生材を利用する。
   4 .
かごマットは、現場での据付けや組立作業を省力化するため、かごは工場で完成に近い状態まで加工する。
( 1級土木施工管理技術検定学科試験 平成25年度 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
9
評価しない
1、誤り。
石の積み方は、布積み・乱積み・谷積みのいずれも河川護岸で使用できます。

2、設問の通り。
鉄線蛇かごの施工順序は、施工する法面を整形した後に蛇かごを設置し、蛇かごの連結や止め杭を設置します。その後に蛇かごに石を緩く入れ、低い方から順次かごを満杯に詰めていくのが一般的です。

3、設問の通り。
環境保全・経済的な効果が得られることから、現地発生材の利用は有効です。

4、設問の通り。
かごマットは人力での作業が多いことから、工場で完成に近い状態まで次加工する必要があります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
8
評価しない
〇谷積みは、布積みよりも安定性が高いです。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この1級土木施工管理技術 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。