過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

1級土木施工管理技術の過去問「第21041問」を出題

問題

[ 設定等 ]
道路のアスファルト舗装における構築路床の施工に関する次の記述のうち、適当でないものはどれか。
   1 .
構築路床の築造工法は、路床の必要とするCBRと計画高さ、残土処分地及び良質土の有無などに配慮して決定する。
   2 .
構築路床の施工は、適用する工法の特徴を把握したうえで現状路床の支持力を低下させないように留意しながら、所定の品質、高さ及び形状に仕上げる。
   3 .
構築路床の安定処理は、一般に路上混合方式で行い、所定の締固め度が得られることが確認できれば、全層を1層で仕上げる。
   4 .
構築路床の安定処理の締固め作業において軟弱で締固め機械が入れない場合には、湿地ブルドーザなどで軽く転圧を行ったのち速やかに整形してタイヤローラなどで締め固める。
( 1級土木施工管理技術検定学科試験 平成27年度 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
4
評価しない
1.設問の通りです。築造工法は、盛土工法、置換え工法、安定処理工法などがあります。

2.設問の通りです。盛土仕上がり高さで、20cm以下を目安に盛土を行います。

3.設問の通りです。粉状の生石灰(粒径0~5mm)を使用する場合は、1回の混合で済ませても良いです。

4.誤りです。軟弱な地盤での転圧は、転圧の効果が少なくなるので、地盤改良等を行い、機械の走行(トラフィカビリティ)が確保出来てから、タイヤローラーで転圧を行う。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
1 . 設問の通りです。構築路床の築造工法は、路床の必要とするCBRと計画高さ、残土処分地及び良質土の有無などに配慮して決定します。

2 . 設問の通りです。構築路床の施工は、適用する工法の特徴を把握したうえで現状路床の支持力を低下させないように留意しながら、所定の品質、高さ及び形状に仕上げます。

3 . 設問の通りです。構築路床の安定処理は、一般に路上混合方式で行い、所定の締固め度が得られることが確認できれば、全層を1層で仕上げます。

4 . 設問の通りです。構築路床の安定処理の締固め作業において軟弱で締固め機械が入れない場合には、湿地ブルドーザなどで軽く転圧を行い、数日間の養生後、整形してタイヤローラなどで締め固めます。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
1 . 〇 設問の通りです。
構築路床の築造工法は、路床の必要とするCBRと計画高さ、残土処分地及び良質土の有無などに配慮して決定します。

2 . 〇 設問の通りです。
構築路床の施工は、適用する工法の特徴を把握したうえで現状路床の支持力を低下させないように留意しながら、所定の品質、高さ及び形状に仕上げます。

3 . 〇 設問の通りです。
構築路床の安定処理は、一般に路上混合方式で行い、所定の締固め度が得られることが確認できれば、全層を1層で仕上げます。

4 . × 誤りです。
軟弱地盤で締固め機械が入れない場合には、地盤改良を行い、機械の走行性(トラフィカビリティ)を確認し、タイヤローラなどで締め固めを行います。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この1級土木施工管理技術 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。