過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

1級土木施工管理技術の過去問「第21058問」を出題

問題

[ 設定等 ]
シールド工法におけるセグメントに関する次の記述のうち、適当でないものはどれか。
   1 .
セグメントの組立は、トンネル断面の確保、止水効果の向上や地盤沈下の減少などからセグメントの継手ボルトを定められたトルクで十分に締付けるようにする。
   2 .
合成セグメントは、同じ断面であれば高い耐力と剛性を付与することが可能なことから、鉄筋コンクリートセグメントと比較してセグメントの高さを低減できる。
   3 .
鋼製セグメントは、材質が均一で比較的軽量であるため施工性がよく、コンクリート系セグメントと比べると耐圧縮性に優れ、土圧、ジャッキ推力などによる座屈や変形の発生が少ない。
   4 .
セグメントの損傷を防止するには、セグメントの強度を考慮して、1本当たりのジャッキ推力を小さくするため、多くのジャッキを使用して所要推力を得るようにするのが望ましい。
( 1級土木施工管理技術検定学科試験 平成27年度 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
1
評価しない
1 . 〇 設問の通りです。
セグメントの組立は、トンネル断面の確保、止水効果の向上や地盤沈下の減少などからセグメントの継手ボルトを定められたトルクで十分に締付けるようにします。

2 . 〇 設問の通りです。
合成セグメントは、同じ断面であれば高い耐力と剛性を付与することが可能なことから、鉄筋コンクリートセグメントと比較してセグメントの高さを低減できます。

3 . × 誤りです。
コンクリート系セグメントと比べると変形は容易であり、土圧、ジャッキ推力などによる座屈や変形の発生は配慮する必要があります。

4 . 〇 設問の通りです。
セグメントの損傷を防止するには、セグメントの強度を考慮して、1本当たりのジャッキ推力を小さくするため、多くのジャッキを使用して所要推力を得るようにするのが望ましいです。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
1 . 設問の通りです。セグメントの組立は、セグメントの継手ボルトを定められたトルクで十分に締付けるようにします。

2 . 設問の通りです。合成セグメントは、鉄筋コンクリートセグメントと比較してセグメントの高さを低減できます。

3 . 誤りです。鋼製セグメントは、軽量であるため施工性はよいが、コンクリート系セグメントと比べると変形しやすいため、土圧、ジャッキ推力などによる座屈に対する配慮が必要です。

4 . 設問の通りです。セグメントの損傷を防止するには、1本当たりのジャッキ推力を小さくするため、多くのジャッキを使用して所要推力を得るようにするのが望ましいです。
評価後のアイコン
評価する
1
評価しない
1.設問の通りです。
セグメントの組立は、千鳥組みで組み立てるのが一般的です。

2.設問の通りです。
合成セグメントは、高強度でありながら、肉薄・軽量化を実現しており、大断面かつ任意形状のシールドトンネルに対応できる鋼と、コンクリートの合成構造をもつセグメントです。

3.誤りです。
コンクリート系セグメントと比べると変形しやすく、土圧、ジャッキ推力などによる座屈や変形に対して配慮する必要があります。

4.設問の通りです。
多くのジャッキを使用して、1本当たりのジャッキ推力を小さくするようにため、所要推力を得るようセグメントの強度を考慮し、セグメントの損傷を防止します。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この1級土木施工管理技術 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。