過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

1級土木施工管理技術の過去問「第21081問」を出題

問題

[ 設定等 ]
施工計画作成にあたっての事前に行うべき調査に関する次の記述のうち、適当でないものはどれか。
   1 .
事前調査は、既往資料を活用することとし、近隣地域の情報などは考慮する必要がない。
   2 .
契約書類の確認は、工事内容を十分把握し、発注者の要求する品質や設計段階での仮定条件を明確に理解するために必要である。
   3 .
現場条件の調査は、調査項目の脱落がないようにするためにチェックリストを作成しておくのがよい。
   4 .
事前調査は、一般的に工事発注時の現場説明のときに行われるが、それだけでは不十分であるので、工事契約後現場に行って現地事前調査を行わなければならない。
( 1級土木施工管理技術検定学科試験 平成27年度 )

この過去問の解説 (1件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
1
評価しない
1.誤りです。地下の既設埋設管の確認、上空の横断線、近隣の建物の状況などを調査します。
2.設問のとおりです。工期、経済性にも大きく影響を与える部分なので事前に明確にしておかなければなりません。
3.設問のとおりです。
4.設問のとおりです。現場説明実施後に現場の字要件が変わっていることもあり得ますので、施工計画に影響がないか確認が必要です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この1級土木施工管理技術 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。