過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

第一種 衛生管理者の過去問「第19636問」を出題

問題

厚生労働省の「 作業環境測定基準 」及び「 作業環境評価基準 」に基づく作業環境測定及びその結果の評価に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。
 1 . 
管理濃度は、有害物質に関する作業環境の状態を単位作業場所の作業環境測定結果から評価するための指標として設定されたものである。
 2 . 
A測定は、原材料を反応槽へ投入する場合など、間欠的に大量の有害物質の発散を伴う作業における最高濃度を知るために行う測定である。
 3 . 
B測定は、単位作業場所における気中有害物質濃度の平均的な分布を知るために行う測定である。
 4 . 
A測定の第二評価値及びB測定の測定値がいずれも管理濃度に満たない単位作業場所は、第一管理区分になる。
 5 . 
B測定の測定値が管理濃度を超えている単位作業場所の管理区分は、A測定の結果に関係なく第三管理区分となる。
( 第一種 衛生管理者試験 平成27年10月公表 労働衛生(有害業務に係るもの) )
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。

この過去問の解説(3件)

評価する
9
評価しない
作業環境測定・作業環境管理の問題です。
測定にはA測定、B測定とあります。
A測定:単位作業場所全体の有害物質の「平均的な気中濃度」を把握するための測定。
B測定:有害物質発生源に近い作業位置における「最高濃度」を知るための測定。
選択肢4は第2管理区分となるので誤り。
選択肢5はA測定結果によっては第2管理区分になるので誤り。
よって正しいのは1です。

評価後のアイコン
2016/09/27 22:47
ID : arejxammu
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
9
評価しない
正解は、1.が〇です。

1.〇 「管理濃度」は、単位作業場所の作業環境測定結果を評価するための指標として設定されています。

2.× 「A測定」ではなく、「B測定」となります。

3.× 「B測定」ではなく、「A測定」となります。

4.× 「A測定の第二評価値」ではなく、「A測定の第一評価値」となります。

5.× 「管理濃度を超えている単位作業場所の管理区分」ではなく、「管理濃度の1.5倍を超えている場合」となります。
評価後のアイコン
2017/06/20 17:20
ID : grxjoutt
評価する
0
評価しない
1.○

2.×
A測定→単位作業場所全体における有害物質の平均濃度分布を測定。

3.×
B測定→単位作業場所の中で、発生源に近接した位置における有害物質の最高濃度を測定。

4.×
第二管理区分となります。

5.×
B測定値>管理濃度×1.5の場合は第三管理区分となります。

よって正解は1です。
評価後のアイコン
2018/11/25 12:13
ID : qerydgkcn
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
この第一種 衛生管理者 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。