過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級土木施工管理技術の過去問「第43115問」を出題

問題

[ 設定等 ]
港則法上、港内の航行に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
   1 .
船舶は、防波堤、埠頭、又は停泊船などを左げん(左側)に見て航行するときは、できるだけこれに近寄り航行しなければならない。
   2 .
汽艇等以外の船舶は、特定港に出入し、又は特定港を通過するときは、国土交通省令で定める航路を通らなければならない。
   3 .
航路から航路外へ出ようとする船舶は、航路に入ろうとする船舶より優先し、航路内においては、他の船舶と行き会うときは右側航行する。
   4 .
船舶は、航路内においては、原則として投びょうし、又はえい航している船舶を放してはならない。
( 2級土木施工管理技術検定学科試験 平成30年度(後期) 土木 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
1
評価しない
1)誤りです。
船舶は、港内においては、停泊船舶や防波堤や埠頭またほかの工作物の突端がある場合、右げんに見て航行するときはできるだけこれに近寄るようにして、左げんに見て航行するときはできるだけこれに遠ざかるようにします。
よって、左げん(左側)に見て航行するときは近寄るのではなく、出来る限り遠ざかって航行する必要があるのでこの設問は誤りです。

※港湾法 第三章 航路及び航法
 第十七条 

2)正しいです。
汽艇等以外の船舶は、特定港(政令で定める喫水の深い船舶が出入できる港)、または外国船舶が常時出入する港に出入りや通過をする場合、海難救助などやむを得ない場合を除いて国土交通省令で定める航路を通る必要があります。

※港湾法 第三章 航路及び航法
 第十二条 航路

3)正しいです。
航路外から航路に入り、また航路から航路外に出ようとする船舶は、航路を航行する他の船舶の進路を避ける必要があります。
また他の船舶進路を避ける方法として、船舶は航路内において
・並列して航行してはならない。
・他の船舶と行き会うときは、右側を航行しなければならない。
・他の船舶を追い越してはならない。
と定められています。

※港湾法 第三章 航路及び航法
 第十四条 航法

4)正しいです。
船舶は、航路内においては投びょう及びえい航している船舶を放してはなりません。
しかし、
・海難を避けようとするとき。
・運転の自由を失ったとき。
・人命または急迫した危険のある船舶の救助に従事するとき。
・第三十一条の規定により、港長の許可を受けた特定港内または特定港の境界付近にて工事及び作業に従事するとき。
以上の場合は除きます。

※港湾法 第三章 航路及び航法 第十三条
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
1〇
港則法第17条に以下の通り記載されています。
船舶は、港内においては、防波堤、ふとうその他の工作物の突端又は停泊船舶を右げんに見て航行するときは、できるだけこれに近寄り、左げんに見て航行するときは、できるだけこれに遠ざかつて航行しなければならない。

港則法第12条に記載されています。

港則法第14条に記載されています。

港則法第13条に記載されています。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この2級土木施工管理技術 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。