過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

第二種電気工事士の過去問「第10016問」を出題

この過去問の解説(5件)

評価する
4
評価しない
写真の測定器は絶縁抵抗計で、電路と対地間、電路線間の絶縁が保たれているかどうかを計測します。
MΩ(メガオーム)単位で計測することから、通称メガと呼ばれます。
正解は「1」となります。
評価後のアイコン
2016/04/08 23:07
ID : nmcbwpgvua
会員登録(無料) をすると、
問題を中断した場合もその続きから再開できるようになります。
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
3
評価しない
答えは1、装置中心の「MΩ」が特徴の絶縁抵抗計です。

検相器は赤・白・青の3つの端子があるのでわかりやすいです。漏れ電流計と接地抵抗計にはクランプ型(ロボットのアームみたいな手がある)もあるので一見見分けがつきにくいように思いますが、電流は単位がA(アンペア)、抵抗は単位がΩ(オーム)なのでそこで見分けます。
評価後のアイコン
2016/11/14 00:48
ID : vwtodshm
評価する
1
評価しない
電路と大地間、電路相互間の絶縁状態を計測する絶縁抵抗計となります。
MΩ(メガオーム)という単位で計測されます。表示板に「MΩ」と表記されていることからも分かります。
したがって、「1」が正解となります。
評価後のアイコン
2016/06/17 22:07
ID : nmcbwpgvua
評価する
1
評価しない
「1」が正答です。

絶縁抵抗計(メガー)に「㏁(メガオーム)」の表示がされているのが特徴です。

絶縁抵抗計は、絶縁抵抗の測定に使用され、アナログ型とデジタル型の2種類があります。
評価後のアイコン
2017/07/26 09:28
ID : uoobqeqp
評価する
1
評価しない
答えは「1」の絶縁抵抗計となります。

「2」は別名でクランプメーターとも呼ばれるもので、先端がクランプ出来る形状になっています。

「3」と「4」は、共に端子が3本出ているのが特徴となっています。
評価後のアイコン
2015/07/01 10:25
ID : xvnfwkmc
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
この第二種電気工事士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。