過去問.com

第二種電気工事士試験 平成25年度上期  過去問題 | 無料の試験問題

問題

図のような単相3線式回路で電流計(丸の中にA)の指示値が最も小さいものは。ただし、丸の中にHは定格電圧100[V]の電熱器である。

 1 . 
スイッチa、bを閉じた場合。
 2 . 
スイッチc、dを閉じた場合。
 3 . 
スイッチa、dを閉じた場合。
 4 . 
スイッチa、b、dを閉じた場合。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
1

単相3線式回路の場合、中性線(図では真ん中の線)の電流は、a,b側の相(図では一番上の線)に流れる電流とc,d側の相(図では一番下の線)に流れる電流との差分となります。

電力=電流×電圧 より、
1の場合、
 aの200Wに流れる電流=2A
 bの60Wに流れる電流=0.6A
 a,bは同じ相なので ∴2+0.6=2.6A
2の場合、
 cの100Wに流れる電流=1A
 dの200Wに流れる電流=2A
 c,dは同じ相なので ∴1+2=3A
3の場合、
 aの200Wに流れる電流=2A 
 dの200Wに流れる電流=2A
 a,dは異なる相なので ∴2-2=0A
4の場合、
 a,bに流れる電流=2.6A(選択肢1の解説参照) 
 dの200Wに流れる電流=2A
 a,bとdは異なる相なので ∴2.6-2=0.6A

したがって、「3」が正解となります。

2016/04/16 20:58
ID : nmcbwpgvua
0

答えは3です。

見方が複雑なので、スイッチを入れた場所だけのなるだけ簡単な図を書いたほうが試験では良いと思います。解説が長くなりますが、頑張って読んでください。

一つの回路図の中で道が1本であれば直列回路、道が2本以上なのが並列回路です。

1の場合、上半分だけが回路として成立していますので、下半分は無視して上半分の200Wと60Wの並列回路だと考えます。ちなみに電源の電圧200Vは回路全体に電流を流すために必要な電圧なので、上半分の時は100Vのみ使います。
そうすると、電流はa側は100Vで200Wなので2A流れ、b側は100Vで60Wなので0.6A流れますので、合わさった電流計のところでは2.6A流れることになります。

2の場合、今度は下半分の並列回路です。1と同様にc側に100Vで100Wから1A、d側に100Vで200wから2Aとなり、電流計の位置には3Aが流れます。

3の場合、電流が上側からaを通って階段状dへ向かいますので電源200Vを使って、直列回路になるのがわかりますか。したがって、電流計は回路の中に入れていないので針は振れません。よって0Aです。

4の場合、cの部分を無視すると、上側からaとbの部分が並列回路で電流計に帰ってくる電流とdへ流れて一番下から帰ってくる電流が生まれます。aとbの並列回路は1で求めたように2.6Aで、また下半分の100Vでdの200Wよりdには2Aが流れますので、abから電流計に行く電流は、2.6A―2A=0.6Aと求めれます。

2016/11/14 01:01
ID : vwtodshm
0

答えは「3」となります。

aとdとは200Wという、平衡した数値となっているのでスイッチを閉じても影響が少ないためとなります。

2015/07/04 17:06
ID : xvnfwkmc
border line
第二種電気工事士試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。