過去問.com

第二種電気工事士試験 平成24年度下期  過去問題 | 無料の試験問題

問題

プルボックスの主な使用目的は。

 1 . 
多数の金属管が集合する場所で、電線の引き入れを容易にするために用いる。
 2 . 
多数の開閉器類を集合して設置するために用いる。
 3 . 
埋込みの金属管工事で、スイッチやコンセントを取り付けるために用いる。
 4 . 
天井に比較的重い照明器具を取り付けるために用いる。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
1

プルボックスの主用途は、電線の引き入れをやりやすくする目的、電線同士の接続を行う目的などとなります。
「2」開閉器を集合して設置するのは分電盤になります。
「3」埋め込みの金属管工事でスイッチ、コンセント取付で使うのは、プルボックスではなく、スイッチボックスになります。
「4」比較的重い照明器具を天井に付ける場合は、躯体より吊ボルトを下ろして取り付けます。プルボックスを使用することが必要とされることはないです。

したがって、「1」が正解となります。

2016/05/03 21:18
ID : nmcbwpgvua
1

プルボックスは電線の接続や引き込みなどを行い易くする為の物で、金属管が集中するような場所で使用します。

よって、答えは「1」となります。

2015/07/10 18:42
ID : xvnfwkmc
border line
第二種電気工事士試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。