過去問.com

第二種電気工事士試験 平成22年度  過去問題 | 無料の試験問題

問題

分岐開閉器を開放して負荷を電源から完全に分離し、その負荷側の低圧屋内電路と大地間の絶縁抵抗を一括測定する方法として、適切なものは。

 1 . 
負荷側の点滅器をすべて「入」にして、常時配線に接続されている負荷は、使用状態にしたままで測定する。
 2 . 
負荷側の点滅器をすべて「入」にして、常時配線に接続されている負荷は、すべて取り外して測定する。
 3 . 
負荷側の点滅器をすべて「切」にして、常時配線に接続されている負荷は、使用状態にしたままで測定する。
 4 . 
負荷側の点滅器をすべて「切」にして、常時配線に接続されている負荷は、すべて取り外して測定する。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
0

正解は 1 です。

電線路と大地間の絶縁抵抗の測定は負荷側の機器をすべて「入」にして、測定します。

2015/06/01 18:05
ID : zrgzatnjfg
0

答えは「1」となります。

絶縁抵抗を一括測定する場合は、負荷側にある電路は電気的に繋がっている必要があるので、点滅器は「入」にする必要があります。また全体の絶縁抵抗を測定する場合は、常時接続されている負荷が使用状態でなければ正確な数値とならないのです。

2015/08/03 22:02
ID : xvnfwkmc
0

正解は(1)です。

低圧屋内電路と大地間の絶縁抵抗を一括測定する方法は、開閉器やスイッチをすべて[入]にします。

2015/07/28 14:27
ID : uocqmezxp
border line
第二種電気工事士試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。