過去問.com

第二種電気工事士試験 平成21年度  過去問題 | 無料の試験問題

問題

木造住宅の金属板張り(金属系サイディング)の壁を貫通する部分の低圧屋内配線工事として、適切なものは。
ただし、金属管工事、可とう電線管工事に使用する電線は、600Vビニル絶縁電線とする。

 1 . 
金属管工事とし、壁の金属板張りと電気的に完全に接続された金属管にD種接地工事を施し、貫通施工した。
 2 . 
金属管工事とし、壁に小径の穴を開け、金属板張りと金属管とを接触させ、金属管を貫通施工した。
 3 . 
ケーブル工事とし、壁の金属板張りを十分に切り開き、600Vビニル絶縁ビニルシースケーブルを合成樹脂管に収めて電気的に絶縁し、貫通施工した。
 4 . 
可とう電線管工事とし、壁の金属板張りを十分に切り開き、金属製可とう電線管を壁と電気的に接続し、貫通施工した。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
2

正解は 3 です。

金属板張りは、金属板を切り開き、金属管やケーブル
などを耐久性のある絶縁管に収めるか、または絶縁テープを巻いて、十分に金属板と絶縁します。

2015/06/10 04:58
ID : zrgzatnjfg
1

正解は(3)です。

金属板張りは、金属管やケーブルなどを絶縁管におさめます。
または、金属板と絶縁します。

2015/08/29 23:19
ID : uocqmezxp
1

答えは「3」となります。

金属系サイディングの壁を貫通さる工事を施工する場合は絶縁させる必要があり、金属板も充分切り開く必要があります。その際も金属板とも絶縁させる必要があります。

2015/08/06 18:04
ID : xvnfwkmc
border line
第二種電気工事士試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。