過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

第二種 電気工事士の過去問「第25321問」を出題

問題

低圧屋内配線の分岐回路の設計で、配線用遮断器、分岐回路の電線の太さ及びコンセントの組合せとして、適切なものは。 ただし、分岐点から配線用遮断器までは3m、配線用遮断器からコンセントまでは8mとし、電線の数値は分岐回路の電線(軟銅線)の太さを示す。また、コンセントは兼用コンセントではないものとする。
 1 . 
回答選択肢の画像
 2 . 
回答選択肢の画像
 3 . 
回答選択肢の画像
 4 . 
回答選択肢の画像
( 第二種 電気工事士試験 平成27年度下期 一般問題 )
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。
過去問ドットコムは他のページから戻ってきた時、
いつでも続きから始めることが出来ます。

この過去問の解説(2件)

評価する
1
評価しない
「2」が正答です。

低圧分岐回路は、配線用遮断器、電線の太さ、コンセントの定格電流の組み合わせが以下の通りに定められています。

定格電流20Aの配線用遮断器には、
電線の太さが1.6mm以上または断面積2㎟以上でコンセントの定格電流が20A以下

定格電流30Aの配線用遮断器には、
電線の太さが2.6mm以上または断面積5.5㎟以上でコンセントの定格電流が20A以上30A以下

以上により、
1は、コンセントの定格電流が不適切
3は、電線の太さが不適切
4は、コンセントの定格電流が不適切

従って、「2」が正しい組み合わせとなります。
評価後のアイコン
2018/01/31 16:54
ID : uoobqeqp
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
許容電流での電線の太さとコンセントの組合せを記憶していないと答えられない問題です。

30Aの許容電流では2.6mmと暗記しておいて、そこから20.15.40などを推測する形で答えればだいたい解けるかと思います。

この問いだと、「1」と「3」はこれだけで除外出来ます。
残る「2」と「4」では、微妙ですがもうひとつコンセントの値が許容電流より大きくなることは無いので「4」が除外できます。

よって答えは「2」となります。
評価後のアイコン
2018/01/24 23:50
ID : xvnfwkmc
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
この第二種 電気工事士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。