過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

接地工事について

接地工事は、家電製品・配線などを感電や漏電により、事故を起こさないようにする大変重要な工事です。簡単なお話をいたします。

接地工事をする意味

接地とは、家電製品や配線工事において、大地( アース )と電気的に接続することです。

p18508581490443485536.jpg

感電事故の防止について

電線が劣化したり、大電流が流れたりしたり、家電製品など漏電したときに接地していないと、人が触った場合に人を経由して大地に電流が流れることがあります。

接地により、電流は接地線を通り、電流が流れるため感電の恐れが減ります。

p3628581490707003665.jpg

漏電による火災や家電製品の故障防止

変圧器が劣化したり、高圧線と低圧線が接触した場合に、高圧の電気が低圧屋内配線に流れ込むと、火災や、家電製品の故障が起こることがあります。

これを防ぐ方法は以下の通りです。

これを行うことで家電製品の故障や火災リスクを減らします。

接地工事で使用する接地極について

接地工事で接地極を埋め込みますが、地表から 75cm 以上掘ってから埋めることになっています。

また、地中に埋められた接地抵抗値が 3Ω 以下の金属製水道管は A~D 種の接地工事の接地極として使用できます

p19585814904526861065.jpg
第二種 電気工事士 過去問

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。