第二種 電気工事士の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

電気主任技術者について

電気の資格の中で最難関と言われている電気主任技術者です。この電気主任技術者のことを説明いたします。

電気主任技術者の種類

第1種、第2種、第3種と三段階あります。

難易度も違いますが、扱える電圧が変わってきます。

となっています。

電気主任技術者の難易度

年度によりますが、おおよその合格率です。

電気主任技術者の試験

電気主任技術者の共通科目( 難易度は違います )は、以下の通りです。

第1種と第2種電気主任技術者では、2次試験が追加されます。

科目合格で有効期限もありますが、全ての科目が合格になればOKです。

電気主任技術者の取得について

実際に、電力会社や電気設備会社などに勤める場合には、第2種を取得する方が多いです。
実務経験で第1種取得となります。

当然受験するのは自由ですので、第1種を最初に受けるのもいい方法だと思います。

合格率の数字を見ると、最難関と思ってしまいますよね?( 実際には最難関です )

第2種電気工事士でも学科で相当の人が落ちます。筆記試験で隣になった人が、技能試験で前の席になっていることなんて当たり前です。

あえて数字を出したのは、「 油断をしないように! 」という意味です。

理論など勉強して過去問題を行うのが普通だと思います。

過去問題を勉強する場合、問題傾向の変更が一番大変です。

そのため、出るところだけ勉強してはいけないということですね。
3年に1回出題されれば頻出として見なしていいかと思いますが、まんべんなく勉強した方が良いです。

電気工事士と違って技能試験がありませんので、費やす勉強時間が増え合格につながると思います。

第二種 電気工事士 過去問

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。