過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

第二種電気工事士「平成29年度上期」の過去問を出題

問題

図のような回路で、端子a - b間の合成抵抗[ Ω ]は。
問題文の画像
 1 . 
2.5
 2 . 
5
 3 . 
7.5
 4 . 
15
( 第二種 電気工事士試験 平成29年度上期 一般問題 )

この過去問の解説(3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
7
評価しない
抵抗を直列に繋いだ場合は
R0=R1+R2で合成抵抗を求められます。

左側は並列なので
R0=R1×R2/R1+R2
となります。
これに問題の数値を当てはめます。
R0=5×5/5+5=25/10=2.5Ω
となります。
右側の5Ωは直列なので足すと7.5Ωになりますが、
電流は抵抗の無いほうに進みますので、抵抗のないルートを通ります。
この配線図の場合は右側にある5Ωは無視できますので注意してください。

なので正解は【1】の2.5Ωとなります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
「1」が正答です。

合成抵抗を求めるときは合成できる箇所から合成していきます。

①並列接続された抵抗の合成を求めます。
 5Ω×5Ω/5Ω+5Ω=25/10=2.5
②直列接続された抵抗の合成を求めます。
 5Ω+2.5Ω=7.5Ω

合成抵抗を求めることができましたが、電気は流れやすい方向に流れる性質があるため、抵抗のない方向へ進みます。
従って右側の抵抗は無視することができ、合成抵抗は2.5Ωが正答となります。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
合成抵抗に関する問題です。

与えられた回路図において、左上の抵抗をA、左下の抵抗をB、右上の抵抗をCとします。

抵抗Aと抵抗Bは並列接続されています。これらの抵抗は、(5×5)/(5+5)=2.5(Ω)の抵抗Dで置き換えることができます。また、抵抗Cに対して並列に電線(抵抗値は0Ω)が接続されているので、この部分の抵抗は無視することができます。

よって、全体の抵抗は2.5(Ω)です。ゆえに、正解は1番となります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
この第二種電気工事士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。