過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

クレーン・デリック運転士の過去問 令和3年(2021年)10月 クレーンの運転のために必要な力学に関する知識 問39

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
荷重に関する記述として、適切でないものは次のうちどれか。
   1 .
衝撃荷重は、極めて短時間に急激に加わる荷重である。
   2 .
クレーンのシーブを通る巻上げ用ワイヤロープには、引張荷重と曲げ荷重がかかる。
   3 .
天井クレーンのクレーンガーダには、主に曲げ荷重がかかる。
   4 .
せん断荷重は、材料をはさみで切るように働く荷重である。
   5 .
クレーンの巻上げドラムには、引張荷重とねじり荷重がかかる。
( クレーン・デリック運転士試験 令和3年(2021年)10月 クレーンの運転のために必要な力学に関する知識 問39 )

この過去問の解説 (1件)

評価する
4
評価しない

答え:5

1.「衝撃荷重は、極めて短時間に急激に加わる荷重である。」は正しいです。

急激かつ短時間に作用する荷重を衝撃荷重といいます。荷を吊った電動ホイストクレーンが水平方向に移動中に急停止した場合等に発生し、衝撃荷重を考慮した設計が求められます。

2.「クレーンのシーブを通る巻上げ用ワイヤロープには、引張荷重と曲げ荷重がかかる。」は正しいです。ワイヤロープには、つり荷やジブの重量の張力による引張荷重と、シーブに入るときに曲げられる曲げ荷重がかかります。

3.「天井クレーンのクレーンガーダには、主に曲げ荷重がかかる。」は正しいです。

4.「せん断荷重は、材料をはさみで切るように働く荷重である。」は正しいです。

材料のある断面に平行に、反対向きの一対の荷重を作用させ、材料の面に沿って作用させる荷重です。

5.「クレーンの巻上げドラムには、引張荷重とねじり荷重がかかる。」は誤りです。

クレーンの巻上げドラムには、ワイヤロープに引っ張られて、曲げ荷重とねじり荷重がかかります。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
このクレーン・デリック運転士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。