調理師試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

調理師の過去問 第14902問 出題

問題

食品に含まれる難消化性の炭水化物として、正しいものを一つ次の中から選びなさい。
 1 . 
グルコマンナン
 2 . 
アミロペクチン
 3 . 
アミロース
 4 . 
マルトース

この調理師 過去問の解説(3件)

評価する
38
評価しない
正解は(1)です。

難消化性ということは、消化しにくい炭水化物です。

(1)グルコマンナンは、こんにゃくの炭水化物です。
こんにゃくは、消化されにくいですね、
ダイエット食品によく使われます。

(2)アミロペクチンは、もち米の炭水化物です。
もちは、消化できますね。

(3)アミロースは、うるち米の炭水化物です。
お米は、消化できますね。

(4)マルトースは、水飴の炭水化物です。
水飴は、消化できますね。
評価後のアイコン
2014/07/07 13:15
ID : nqefpnql
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
7
評価しない
正解は(1)になります。
この問題は食品学に記載されている内容です。すべての成分は炭水化物に含まれる成分ですが、消化されにくい成分はグルコマンナンと言う成分になります。よくダイエット食品に含まれる成分になります。(2)の答えはもちに含まれる粘りの強い成分になります。(3)の答えは米に含まれる粘りの少ない成分になります。(4)の答えは麦芽糖とも言われ消化に問題は有りません。
評価後のアイコン
2014/07/25 20:48
ID : cmaetkrqb
評価する
6
評価しない
正解は 1 です。

難消化性の炭水化物とは、「食物繊維」のことです。

有名なものは、

水溶性食物繊維
「グルコマンナン(こんにゃくの酢主成分)」
「ペクチン(果物に含まれる)」
「難消化性デキストリン(じゃがいもやトウモロコシから作られる)」
「カラギーナン(紅藻類に含まれる)」

不溶性食物繊維
「セルロース、ヘミセルロース、リグニン(植物の細胞壁)」
「キチン、キトサン(甲殻類の殻や菌類の細胞壁)」
評価後のアイコン
2015/07/03 16:08
ID : hswrgknw
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この調理師 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。