過去問.com

調理師試験 平成24年度 食品学  過去問題 | 無料の試験問題

問題

豆類に関する記述について、正しいものを一つ次の中から選びなさい。

 1 . 
大豆は、いんげん豆に比べ炭水化物の含有量が多い。
 2 . 
小豆は、便通促進効果を持つ特殊成分アミグダリンを含んでいる。
 3 . 
小豆やいんげん豆のあんは、熱変性した細胞膜から形成されている。
 4 . 
いんげん豆は、はるさめの原料として用いられる。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
24

正解は 3 です。

小豆やインゲン豆の主成分はデンプンです。そのデンプンは細胞内部でタンパク質に囲まれています。加熱をするとタンパク質の変性で糊化しにくいので、あんの材料に適しています。

1: 大豆の主成分はタンパク質です。

2: この問題は二つの要素が間違って含まれています。まず、小豆やインゲン豆には大変豊富な食物繊維が含まれています、例えばごぼうの約2倍です。なお、ほとんどの豆類でもごぼうよりは食物繊維が豊富です。
 次に、アミグダリンとは梅やビワなどのバラ科植物の未成熟な果実や葉や種子に含まれている青酸配糖体の一種です。
 ですので、豆類は確かに便通促進作用を持ちますが、その成分は食物繊維です。

4: 春雨の原料となるのは緑豆やジャガイモ、サツマイモのデンプンです。
 小豆やインゲン豆は一番上でも述べたように糊化し辛いために春雨の原料には向きません。

2015/07/04 11:54
ID : hswrgknw
9

正解は(3)です。

(1)大豆は、「畑のお肉」と言われるように、たんぱく質が豊富な豆です。

(2)アミグダリンは、未熟な梅の種などに含まれています。

(3)餡は、水と熱を加えて、あん粒子を作ることが大事です。

(4)はるさめの原料は、緑豆です。

この問題は、(2)と(3)で悩むところです。

小豆は、豊富な食物繊維によって便通促進効果がありますので、アミグダリンの言葉を知らなくても、これが間違いだと判断できます。

2014/07/07 13:29
ID : nqefpnql
9

正解は(3)になります。
(1)の答えは大豆はたんぱく質が多く含まれている食材になります。炭水化物は小豆やインゲン豆、ソラ豆に多く含まれております。(2)の答えは主に果実に含まれる成分になります。(4)の答えは緑豆が原材料になります。あんこを作る時は小豆やいんげん豆に熱を加えて作るために細胞膜は熱変されております。

2014/07/25 21:10
ID : cmaetkrqb
border line
調理師試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。