調理師試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

ストレスの対処法について

社会人として仕事をしていく上で避けて通れないのがストレスです。そのストレスに対しての対処法をいくつか経験と知識から出していきます。

対人や仕事のストレスをなめてはいけない

軽度のストレスでも、重なれば鬱を発症したり仕事に対しての意欲の減衰・食欲の低下など多大な影響を及ぼします。

自分なりの対処法を確立できていれば問題ないのですが、できない人がいるのもまた事実。

私の経験からの対処法として

などがあります。

また食事については、

等を意識的に行うのも効果的です。

知人と食事に行く

気の置けない友人と食事等で会話をすると、不思議とストレスは軽減します。

『 誰とも会話をせず、自分の中にため込む 』のが、一番よくないからです。

また普段と違う食事をすることにより、リフレッシュの効果も期待できます。

寝起きや行動を機械的に行う

目覚ましなどでスヌーズ機能を多用したり、面倒なことを後回しにしたりすると余計にストレスが増加します。

それは・・・

後回しにするということは、基本的にイヤなことだからです。

イヤなことを後ろに回すと実行するまでにいろいろ考えます…それも悪い方に。

結果としてストレスが増加するので何も考えず起きるときはパッと起きて、作業などもその場その場で対処した方がストレスがたまらないという寸法です。

仕事のオンオフのスイッチを決めておく

『 仕事終わりにビールを飲む 』『 家に着いたら真っ先に風呂に入る 』等、仕事終わりの合図を自分で決めておくことは、ストレスをためない上で非常に重要です。

これをうまくできない人は、仕事の失敗を家にまでもちこんだりそれが原因で不眠に陥ったりします。

スイッチがはっきりしていれば、そういうことも少なくなります。

食事を調整する

先に書いた「 肉を食べる 」「 アルコールはほどほど 」「 甘味を食べる 」なども上の3つと合わせて実行していきたいものです。

なぜか?

肉には、鬱を抑制する効果があります。

アルコールは適度であれば、気分良く過ごすことが可能です。

甘味は好みはありますが、それそのものにストレス低減効果があるためです。

食事を変えるだけでストレスフリーになるなら、こんなに楽なことはないと思いませんか?

飲食業界は基本激務であり、接客業であるため対人のストレスもたまりやすいです。

私の経験上、ストレスの対処法を確立できてない人は早い段階で退職まで追い込まれています。

ご紹介した対処法が少しでも参考になれば幸いです。

調理師 過去問

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。