過去問.com

普通自動車免許 学科試験  過去問題 | 無料の試験問題

問題

MT二輪車はオートマチック二輪車に比べ、平均してホイールベースが長く小回りがききにくい。

 1 . 
 2 . 
×
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
10

AT(オートマチック・トランスミッション)二輪車はMT(マニュアル・トランスミッション)二輪車に比べ,ホイールベース[軸距](前輪と後輪の車軸の間の距離)が長いため,走行中の小回りがききにくくなります。

この他,AT二輪車にはクラッチ操作が不要な分,急激なスロットル操作をすると急発進してしまうなどの車両特性があります。

2015/02/13 02:58
ID : tggzqpftgx
7

MT(マニュアルトランスミッション)二輪車と、AT(オートマチックトランスミッション)二輪車とでは、

AT車の方がホイールベース(前後輪の車軸の間隔)が長くなっています。

AT車の方がホイールベースが長いということは、AT車の方が小回りがききにくいということです。

2014/05/11 12:37
ID : httzvqnx
2

AT二輪車はMT二輪車に比べて、ホイールベースが長いため小回りが難しくなります。

2016/03/28 15:26
ID : hqxqxqtrmq
border line
普通自動車免許の最新の記事
  • まだ、記事がありません。
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。