普通自動車免許の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

自動車免許の過去問 第11737問 出題

問題

運転中は視野を広げるよりも、一点に集中させたほうが危険の予測がしやすい。
 1 . 
正しい
 2 . 
正しくない

この自動車免許 過去問の解説(3件)

評価する
2
評価しない
運転中は、遠くまで全体を見るようにして運転をすると、急な飛び出しや、前方車両の急な車線変更など、突発的な危険にも対応しやすくなります。
評価後のアイコン
2014/05/11 01:06
ID : httzvqnx
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
一点を注視すると注視している点以外の部分の視力が低下します。しかしながら,運転者が確認すべき箇所は常に一点ではなく,多方向からの情報を取り入れなければなりません。そのため運転する際は,一点を注視するのではなく,必要に応じて目線を動かして危険を察知する必要があります。
評価後のアイコン
2015/04/06 02:20
ID : tggzqpftgx
評価する
0
評価しない
人間の視覚の特徴として、一点に集中するとその周囲が見えづらくなる(見えてはいるが認識できない)ということがあります。一点集中ではその注視した場所以外からの情報が得られません。
運転中の危険予知のためにはさまざまな方向の情報を取り入れる必要がありますので、一点集中より広く視野をもつこと、必要に応じて目線を動かすことが要求されます。
評価後のアイコン
2017/02/09 18:16
ID : frzqtrur
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この自動車免許 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。