普通自動車免許の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

自動車免許の過去問 第11776問 出題

問題

横断歩道では歩行者や自転車がいないことがあきらかであっても、徐行しながら進まなければならない。
 1 . 
正しい
 2 . 
正しくない

この自動車免許 過去問の解説(2件)

評価する
1
評価しない
車両等は,横断歩道又は自転車横断帯に接近する場合には,当該横断歩道等を通過する際に以下のようにしなければなりません。

①当該横断歩道等を横断しようとする歩行者又は自転車がいないことが明らかな場合
→そのまま進むことができる(徐行などの必要はない)。
②当該横断歩道等を横断しようとする歩行者又は自転車がいる,又はいるかいないか明らかでない場合
→当該横断歩道等の直前(道路標識等による停止線が設けられているときは,その停止線の直前)で停止することができるような速度で進行しなければならない。

【法的根拠】道路交通法第38条
評価後のアイコン
2015/06/19 00:50
ID : tggzqpftgx
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
道路交通法は安全性と円滑性を考えて作られています。
横断歩道に歩行者がいないことが明らかであれば、安全は保たれていますので、速度を減速することなくそのままの速度で通過することができます。
評価後のアイコン
2017/04/09 21:40
ID : yukayrqnf
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この自動車免許 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。