マイナンバーと住基ネット | 行政書士の解説つき無料問題集 - 過去問.com

過去問.com

マイナンバーと住基ネット

マイナンバーと住基ネットを調べてみても、はっきりとした違いがよく分からないという方も多いようです。ここではマイナンバーと住基ネットについて見ていきます。

住基ネットとは

住基ネットの正式名称は、「住民基本台帳ネットワークシステム」です。

全国共通での利用が可能ですが、マイナンバーとは違い自治体内での事務の効率化を目的にしています。

マイナンバー制度のための、前身ともいえます。

住基ネットのメリット・デメリット

住基ネットのメリットは、以下のようなものがあります。

  • 全国共通で本人確認ができる

デメリットは以下のようなものがあります。

  • 導入後、参加しない自治体もあり普及が進まなかった

マイナンバーとは

住基ネットの機能を引き継ぐ形で、マイナンバーが導入されました。

住基ネットと違って、国民の利便性が高くなることがマイナンバーの特徴です。

マイナンバーのメリット・デメリット

マイナンバーのメリットは、以下のようなものがあります。

  • 身分証明書として利用
  • ICチップの搭載

デメリットは、以下のようなものがあります。

  • まだ普及が進んでいない

マイナンバーの今後

マイナンバーは、住基ネットの反省を生かして様々な機能を持つことが期待されています。

コンビニで住民票が取れるなど、便利な機能があります。

今後も、そうした便利さが増えていくことが期待されています。

この授業に関連した授業
行政書士試験の過去問へ
人気の授業

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。