保育士試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

保育士の過去問 第11150問 出題

問題

次の文は、諸外国の児童家庭福祉に関する記述である。適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

A フランスでは、公的な保育施設の整備が進んでおり、家庭的な保育に行政が支援を行うような取り組みはほとんど見られない。
B アメリカ合衆国では、社会的養護の下で暮らす子どもたちの最善の利益保障のため、パーマネンシ―を重視している。
C オーストリアで誕生した、家庭的な環境の中で要保護児童の養護を展開する「SOS子どもの村(SOS Children’s Villages)は、日本を含む世界各地でその活動を展開している。
D 家庭訪問型の子育て支援は、日本固有のものではなく、欧米諸国でも展開されている。
 1 . 
A○  B○  C○  D○
 2 . 
A○  B○  C×  D×
 3 . 
A×  B○  C○  D○
 4 . 
A×  B×  C○  D○
 5 . 
A×  B×  C×  D×

この保育士 過去問の解説(4件)

評価する
8
評価しない
正解は3です。

A ×
フランスでは認定保育ママなど、在宅での保育サービスが充実しています。

B ○
適切な記述です。
パーマネンシーとは、要保護児童に対して安定した家庭環境を与え続けるためのケアのことです。

C ○
適切な記述です。
SOS子どもの村JAPANもあり、社会的養護を必要とする子どもたちのための支援活動を行っています。

D ○
適切な記述です。
評価後のアイコン
2015/01/24 01:10
ID : qbkbkyvwno
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
3
評価しない
A.誤り。フランスでは公的な保育整備もあり3歳から就学前まで『エコール・マテルネル』という保育学校もある一方で家庭的保育は認定保育ママという在宅の制度があり7割程度の人が利用している。

B.正しい。パーマネンシーは恒久性・永続性を意味する英語です。児童福祉分野においては要保護児童が恒久的な家庭で育てられることを意味します。

C.正しい。SOS子どもの村JAPANも活動しています。家族と暮らせない子どもたちとその危機にある子どもと家族のために活動している団体です。

D.正しい。適切な内容です。
よって×○○○となり選択肢3が正解となります。
評価後のアイコン
2016/02/15 21:50
ID : hsnwmpnfe
評価する
2
評価しない
解答は、3です。
A 不適切です。フランスでは、公的な保育施設の整備が進んでいる。一方、家庭的な保育については、認定保育ママの制度があり、多くの人が利用している。
B 適切である。パーマネンシーは、養子縁組による安定した関係をいう。アメリカでは、パーマネンシーに基づいて、里親委託や養子縁組が推進されている。
C 適切である。SOS子供の村は、オーストラリアで誕生した小舎制の施設。世界各国で展開されている。
D 適切である。家庭訪問型子育て支援は、欧米で発展した友愛訪問などでも見られる取り組みである。
評価後のアイコン
2014/11/27 22:54
ID : bbupnepwx
評価する
1
評価しない
正解は 3です。

A…× フランスでは、公的な保育施設の整備より在宅での保育サービスが発達しおり、保育ママが保育需要の7割を担っていると言われています。
評価後のアイコン
2016/01/14 16:35
ID : vvenfoax
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この保育士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。