過去問.com

保育士試験 平成23年度(2011年) 保育原理  過去問題 | 無料の試験問題

問題

次の文は、「保育所保育指針」第2章「子どもの発達」の一部である。( A )~( E )にあてはまる語句の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

子どもの発達は、子どもがそれまでの体験を基にして、( A )に働きかけ、( A )との相互作用を通して、豊かな心情、意欲及び態度を身に付け、( B )を獲得していく過程である。特に大切なのは、( C )であり、愛情豊かで思慮深い大人による保護や世話などを通して、大人と子どもの相互の関わりが十分に行われることが重要である。この関係を起点として、次第に( D )との間でも相互に働きかけ、関わりを深め、( E )と自己の主体性を形成していくのである。

【語群】
ア 周囲の大人 イ 特定の人   ウ 担任    エ 他の保育者
オ 保護者   カ 人との関わり キ 他の子ども ク 人への信頼感
ケ 環境    コ 自発性    サ 新たな能力 シ 主体性
ス 社会性

 1 . 
Aア  Bサ  Cク  Dキ  Eス
 2 . 
Aイ  Bシ  Cオ  Dエ  Eク
 3 . 
Aイ  Bシ  Cオ  Dウ  Eコ
 4 . 
Aケ  Bサ  Cカ  Dキ  Eク
 5 . 
Aケ  Bス  Cカ  Dエ  Eコ
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
4

正解は4です。
保育所保育指針第2章には下記の通り記載されています。

「子どもは、様々な環境との相互作用により発達していく。すなわち、子どもの発達は、子どもがそれまでの体験を基にして、環境に働きかけ、環境との相互作用を通して、豊かな心情、意欲及び態度を身に付け、新たな能力を獲得していく過程である。特に大切なのは、人との関わりであり、愛情豊かで思慮深い大人による保護や世話などを通して、大人と子どもの相互の関わりが十分行われることが重要である。この関係を起点として、次第に他の子どもとの間でも相互に働きかけ、関わりを深め、人への信頼感と自己の主体性を形成していくのである。」

2016/04/04 09:10
ID : promcxmss
1

正解…『4』
「これらのことを踏まえ、保育士等は、次に示す子どもの発達の特性や発達過程を理解し、発達及び生活の連続性に配慮して保育しなければならない。その際、保育士等は、子どもと生活や遊びを共にする中で、一人一人の子どもの心身の状態を把握しながら、その発達の援助を行うことが必要である。」と続いている。
子どもは生まれながらに備わっている諸感覚で周りの環境に働きかけていく。大人との信頼関係は子供が主体的に環境にかかわる基盤となる。子どもと一緒に過ごす保育士は子どもに安心感を与えながら子どもの発達過程に沿った援助をしていくことが必要である。

2014/10/15 01:15
ID : fvejmypcpz
border line
保育士試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。