過去問.com

保育士試験 平成23年度(2011年) 保育原理  過去問題 | 無料の試験問題

問題

次の文は、長時間保育への対応に関する記述である。適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

A 一日の疲れや保護者を待つ気持ちを受け止め、保育士等が温かく関わる。
B 長時間保育は保育課程には含まれないので、指導計画とは別に計画を作成する。
C 子どもに及ぼす影響に左右されずに、保護者の就労状況に応じて保育時間を延長する。
D 保護者との連携を密にすることで、子どもの生活リズムに配慮する。
E 3歳以上児は、延長保育の時間帯も教育であることを優先して、集団活動を多く取り入れる。

 1 . 
A○  B○  C○  D○  E×
 2 . 
A○  B○  C×  D○  E○
 3 . 
A○  B○  C×  D×  E○
 4 . 
A○  B×  C×  D○  E×
 5 . 
A×  B×  C○  D×  E○
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
11

正解は4です。

A ○
適切な記述です。
「保育所保育指針解説書」の第4章「保育の計画及び評価」の中に「長時間にわたる保育」という項目があります。その解説によると、「夕方以降の時間帯においては、一日の疲れや保護者を待つ気持ちを受け止め、保育士等が温かく関わることが求められます」とあります。

B ×
「長時間保育は保育課程には含まれない」という記述は不適切です。
「保育所保育指針解説書」(1)「保育課程」の解説によると、「延長保育、夜間保育、休日保育などを実施している場合には、それらを含めて子どもの生活全体をとらえて編成をします」とあります。

C ×
「子どもに及ぼす影響に左右されずに」という記述は不適切です。
「保育所保育指針」第6章「保護者に対する支援」2「保育所に入所している子どもの保護者に対する支援」(3)によると、長時間保育を行う場合は「保護者の状況に配慮するとともに、子どもの福祉が尊重されるよう努めること」とあります。

D ○
適切な記述です。

E ×
通常保育において、3歳児以上になると集団生活での計画が中心となります。
とはいえ長時間にわたる保育の場合は違います。「保育所保育指針解説書」には「延長保育・夜間保育の場合は特に、家庭的でゆったりとくつろげる環境や保育士等の個別的な関わりなど、子どもが負担なく落ち着いて過ごせるよう心がけることが重要です」とあります。

2015/02/09 14:35
ID : qbkbkyvwno
5

正解…「4」

保育指針の第4章「保育の計画と評価」(3)「指導計画の作成上、特に留意すべき事項」のイ「長時間にわたる保育」には「長時間にわたる保育については、子どもの発達過程、生活リズム及び心身の状態に十分配慮して、保育の内容や方法、職員の協力体制、家庭との連携などを指導計画に位置付けること」とある。
年齢に関係なく、延長保育や夜間保育の場合は特に、保育士が家庭的な環境づくりや個別的な関わりなど子どもが安心して過ごせるよう心がけることが必要である。

2014/10/16 23:44
ID : fvejmypcpz
border line
保育士試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。