過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問「第24965問」を出題

問題

[ 設定等 ]

  • 模試受験者一覧




次の文の著者として正しいものを一つ選びなさい。

教授-学習の問題に関する心理学研究は、これまでふつう子どもの知的発達の水準の解明に限られてきた。だが、子どもの発達状態をこの水準だけで決定するのでは不十分である。この水準はふつうどのように決定されているか? この決定の手段とされるものは、子どもが自主的に解いた問題である。これによって、子どもが今日できること、知っていることが分かる。なぜなら、そこでは子どもにより自主的に解かれた問題だけが考慮されているからである。明らかに、この方法によるとき、われわれは、今日子どもにすでに成熟しているものだけを明らかにすることができる。われわれは、子どもの現下の発達水準だけを決定する。だが、発達状態というものは、その成熟した部分だけで決定されるものでは決してない。自分の果樹園の状態を明らかにしようと思う園丁が、成熟した、実を結んでいるりんごの木だけでそれを評価しようと考えるのは間違っているのと同じように、心理学者も、発達状態を評価するときには、成熟した機能だけでなく、成熟しつつある機能を、現下の水準だけでなく、発達の最近接領域を考慮しなければならない。
 1 . 
ブルーナー(Bruner, J.S.)
 2 . 
ピアジェ(Piaget, J.)
 3 . 
デューイ(Dewey, J.)
 4 . 
エリクソン(Erikson, E.H.)
 5 . 
ヴィゴツキー(Vygotsky, L.S.)
( 保育士試験 平成27年(2015年) 教育原理 )

この過去問の解説(3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
13
評価しない
発達の最近接領域がキーワードです。
ヴィゴツキーによって提唱されたもので、子どもが、現在は解決できない問題であっても 、大人の力を借りれば近い将来に解決できるようになる範囲(領域)のあることを意味します。
正解は5となります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
9
評価しない
暗記問題です。果樹や成熟というキーワードから、ヴィゴツキーとわかります。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
重要人物はキーワードで覚えておきましょう。

「発達の最近接領域」という言葉が出てきたら、ほぼヴィゴツキーで間違いないので、最後の一文だけで判断できます。
問題文が長いと焦ってしまいがちですが、落ち着いてキーワードを探しましょう。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この保育士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。