過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問「第37198問」を出題

問題

[ 設定等 ]
次の【Ⅰ群】の記述と【Ⅱ群】の法令を結びつけた場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

【Ⅰ群】
A  2006( 平成18 )年に全面改正され、その第11条において、幼児期の教育に関する規定が取り入れられた。
B  2001( 平成13 )年の改正により、保育士の定義や登録等、保育士資格の法定化がなされ、その法定化は2003( 平成15 )年に施行された。
C  2003( 平成15 )年に制定され、その第2条において、急速に進展する少子化社会において講ぜられる施策の基本理念が示された。
D  2004( 平成16 )年に制定され、その第7条において、保育を行う場合に発達障害児の健全な発達が他の児童と共に生活することを通じて図られるよう適切な配慮をするものとされた。

【Ⅱ群】
ア  発達障害者支援法
イ  次世代育成支援対策推進法
ウ  児童福祉法
エ  教育基本法
オ  少子化社会対策基本法
   1 .
A:イ  B:ウ  C:オ  D:ア
   2 .
A:イ  B:エ  C:ア  D:オ
   3 .
A:ウ  B:エ  C:ア  D:イ
   4 .
A:エ  B:ウ  C:イ  D:ア
   5 .
A:エ  B:ウ  C:オ  D:ア
( 保育士試験 平成29年(2017年)後期・地域限定 保育原理 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
2
評価しない
正解は5です。

A 答えは(エ)の「教育基本法」です。幼児期の教育という部分が回答のキーワードです。

B 答えは(ウ)の「児童福祉法」です。保育士の定義や登録等、保育士資格の法定化は児童福祉法のもとに定められています。

C 答えは(オ)の「少子化社会対策基本法」です。
少子化社会において講ぜられる施策という部分が回答のキーワードです。

D 答えは(ア)の「発達障害者支援法」です。発達障害児に対する施策という部分が回答のキーワードです。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
正解は5です。

A、エ
「教育基本法」
“教育に関する”というキーワードがポイントです。

B、ウ
「児童福祉法」

C、オ
「少子化社会対策基本法」
“少子化社会”というキーワードがポイントです。

D、ア
「発達障害者支援法」です。
“発達障害児の”というワードがポイントです。
評価後のアイコン
評価する
1
評価しない
正解は5です。

A、エの「教育基本法」です。
B、ウの「児童福祉法」です。
C、オの「少子化社会対策基本法」です。
D、アの「発達障害者支援法」です。

イの次世代育成支援対策推進法は「次代の社会を担う子どもが健やかに生まれ、育成される社会の形成に資する」ことを目的に、平成15年7月に施行された法律です。当初は10年間の時限立法でしたが、平成26年の改正により10年間延長されました。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この保育士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。