介護福祉士国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

介護福祉士の過去問 第10278問 出題

問題

統合失調症の人が、自分の妄想を話したときの介護職の対応として、最も適切なものを1つ選びなさい。
 1 . 
利用者理解のために、妄想の内容を詳しく聞く。
 2 . 
妄想をなくすために、解決策について話し合う。
 3 . 
混乱させないために、妄想の話は聞かないようにする。
 4 . 
妄想の内容は理解できなくても、否定も肯定もせずにかかわる。
 5 . 
誇大妄想の内容は、事実ではないから気にしなくてよいと伝える。

この介護福祉士 過去問の解説(3件)

評価する
16
評価しない
正解は4です。統合失調症の方の妄想に関しては、否定も肯定もしないが鉄則です。否定したり、肯定したりするとかえって状況が悪化する可能性があります。

各選択肢については、以下のとおりです。
1→詳しく聞くということは肯定的な態度です。これは、冒頭でもふれたように、状況を悪化させる恐れがあります。
2→妄想をなくすというのは介護職の仕事ではありません。
3→話を聞かないというのは、相手は自分が無視されたと思う可能性があります。そのため、否定や肯定をせず、とにかく聞くという態度は大切です。
5→妄想の否定は、冒頭でも触れたように、状況を悪化させるおそれがあります。相手は妄想だと感じていないかもしれません。そのため、不適切です。
評価後のアイコン
2014/10/26 22:07
ID : wpoxudbb
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
8
評価しない
正解は4です。
妄想の内容は理解できなくても、否定も肯定もせずにかかわる事が適しています。

1→妄想の内容を詳しく聞くことは、妄想を助長させたりよけい混乱させる事に繋がる可能性があります。
2→妄想を見ている状態の相手に対し、妄想をみないよう解決策を話し合う事は適しません。相手が否定されているようにも感じてしまいかねません。
3→話を聞かないようにすることは相手に対し否定・無視されている気持ちを起こすため適しません。
5→妄想を否定することは相手を拒否する事となるので適しません。
評価後のアイコン
2014/06/25 22:24
ID : hxoywgeqm
評価する
3
評価しない
正解は4です。
統合失調症の方の話す妄想の内容について追求や無視・否定はしてはいけません。説得をする事により「この人にはわかってもらえない」と心を閉ざしてしまうことや、攻撃的になってしまう可能性があります。大切なのは否定も肯定もしまいことです。2のように解決策を考えるのは介護職員の仕事ではありません。
評価後のアイコン
2016/06/17 00:29
ID : jjmjtmfkja
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。