過去問.com

介護福祉士国家試験 第25回(平成24年度) 発達と老化の理解  過去問題 | 無料の試験問題

問題

流動性知能に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

 1 . 
新しい場面に適応するときに要求される問題解決能力である。
 2 . 
学校教育などの環境条件の影響を受けやすい。
 3 . 
生活習慣や訓練によって維持することが可能である。
 4 . 
60歳代が最も高く、80歳代以降に低下する。
 5 . 
過去の人生経験の蓄積によって形成される。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
24

正解は1です。

人間の知能には、結晶性知能と流動性知能の2つがあります。

結晶性知能とは、常識や判断力、理解力などの能力で、教育や社会的訓練を通じて知識や経験を積み重ねることではぐくまれるものです。言い換えれば賢さや知恵の源となる能力です。この能力のピークは60歳前後といわれており、そこからゆるやかに落ちていくものです。ただし80歳代になっても25歳と同程度のレベルには保持されているといわれています。

それに対して流動性知能とは、新しいことを学習したり、新しいことに適応したりするための能力です。変化への素早く柔軟な対応を支える能力ともいえます。教育は経験には左右されず、むしろ生まれながらに持っている能力といえます。ピークは30歳代であり、60歳前後から急激に低下するといわれています。

設問を読むと、1のみが流動性知能の説明であり、2~4は経験によって身に付く結晶性知能の説明です。

2014/07/10 22:39
ID : bqzuosqqxo
6

正解は1です。
人間の知能には、流動性知能と結晶性知能とがあり、それぞれ加齢による変化に違いがあるといわれています。

流動性知能とは、新しいものを学習したり覚えたりするような、経験の影響を受けることが少ないものを指します。別の言い方をすれば、経験よりも生まれながらにもっている能力に左右される知能です。この能力は30歳代にピークに達し、60歳ごろまで維持されます。そして、それ以降は低下していきます。

これに対し、結晶性知能は、過去の習得知識や経験をもとにして日常生活の状況に対処する能力です。この能力は60歳ころまで徐々に上昇し、その後なだらかに下降していきます。

選択肢2~5は、結晶性知能の説明です。

2014/11/23 17:13
ID : wpoxudbb
2

正解は1です。
流動性知能とは、新しいことを学習したり、新しい環境に適応したりする能力の事です。
20歳くらいまでに発達し、60歳頃までは維持され、70歳代から急激に低下するといわれています。

知能の構成因子には、大きく二つにわけて流動性知能と結晶性知能に分けられますが、結晶性知能は過去の経験・知識を適用して得られた判断力や習慣の事を言います。教育機関を経て社会人経験をも経た60歳の頃が最も高くなります。
2・3・4・5→結晶性知能の説明です。

2014/07/07 22:21
ID : hxoywgeqm
border line
介護福祉士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。