過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第10364問」を出題

問題

[ 設定等 ]
Bさん(75歳、男性)は施設に入所後3日たったが、表情が硬く、まだ誰とも話をしていない様子である。 Bさんに対しての介護職の初期のかかわり方として、適切でないものを一つ選びなさい。
   1 .
何に興味を持っているかを把握するため表情や行動を観察する
   2 .
さりげない会話をして関係の構築を図る
   3 .
どの場面で、どの場所に座るかなどを観察する
   4 .
肩に手を回すなど身体への接触を中心にする
   5 .
言葉だけでなく笑顔やうなずきを交える
( 介護福祉士国家試験 第24回(平成23年度) 人間関係とコミュニケーション )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
32
評価しない
正解は4です。
設問から、Bさんはまだ環境に慣れずにいる事がわかるので、まず介護士がBさんの興味や人柄を観察・把握し、Bさんに心を許してもらう事が大切です。
なので1・2・3・5は適切な行為ですね。

まだ環境にも慣れず、お互いを良く知らない人に身体に触れるような接触は適切ではありません。
不信感や不快感をもたれかねません。
また、人柄によりそのようなコミュニケーションを好む人と嫌う人がいるので軽率にすべき事ではありません。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
18
評価しない
正解は 4 です。

手を握ったり肩をさすったりというスキンシップは、コミュニケーションの一つではありますが、それが出来るのは十分な信頼関係が築けてからになります。
また肩に手を回すという行為は、どちらかというと友人のような対等な立場の人に対して行う行為です。
身体能力や認知機能が低下していたとしても、人生の先輩には変わりありませんので、敬う気持ちを忘れずに接する事が介護士として正しいあり方です。
評価後のアイコン
評価する
3
評価しない
正解は「4」です。
いきなり肩に手をまわすなどといった体への接触行為は、初期のかかわり方としては適切ではありません。

不正解とその解説
1,2,3,5は信頼関係を構築するにあたって、とても大事なことです。さりげない会話から始まり、表情や行動を観察し、信頼関係を構築していきましょう。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
設問をランダム順で出題するには こちら
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。