過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第10559問」を出題

問題

[ 設定等 ]
インフルエンザの感染予防として、適切でないものを一つ選びなさい。
   1 .
手洗いを励行する。
   2 .
うがいを励行する。
   3 .
部屋の湿度を20%に保つ。
   4 .
睡眠・休養をとる。
   5 .
予防接種を受ける。
( 介護福祉士国家試験 第23回(平成22年度) 介護概論 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
23
評価しない
正解は 3 です。

湿度20%は真冬の外気の湿度と同程度で、かなり乾燥している状態だと言えます。
インフルエンザの感染予防として湿度のコントロールをするのならば、50%以上に保つようにします。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
10
評価しない
1.×
2.×
3.○ 部屋の湿度は50~60%に保つと良いとされている。
4.×
5.×
評価後のアイコン
評価する
4
評価しない
1:正しい。インフルエンザの感染予防に手洗いは効果的です。
2:正しい。インフルエンザの感染予防には、うがいが効果的です。
3:誤り。ウイルスは湿気に弱いため、部屋の湿度を50%以上に保つことが効果的です。しかし、湿気が高すぎると居住環境の快適性を損なうので、その点は注意が必要です。
4:正しい。睡眠・休養を取ることは自己免疫力を高めるため、感染予防のみならず、病気の療養にも効果的です。
5:正しい。予防接種はインフルエンザに罹患しにくくなるうえに、罹患したとしても重症化しないため効果的です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。