介護福祉士国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

介護福祉士の過去問 第10574問 出題

問題

次の事例を読んで、問題について答えなさい。
【事例】
P市二住むFさん(85歳、産制、要介護1)は、下肢の筋力が低下し歩行に支障があり、 室内の家具を使って伝い歩きをしている。調理と掃除の訪問介護サービスを週2回利用して いる。Fさんは知的障害のある娘(48歳)と二人暮らしであり、娘は日中、作業所に通っ ている。今回の訪問時にソファーで横になって動こうとしないFさんに声をかけたところ 「最近、浴室で転んだ」と話した。きれい好きなFさんであったが、髪は汚れひげも伸びて いた。Fさんは前回の訪問時と同じシャツを着ており、洗濯かごには娘の衣類が入っていた。 また、ソファーの下に湿布や鎮痛剤の薬の袋が落ちていた。

【問題】
数日後、回復したFさんは「自宅で入浴したい」と伝えてきた。安全に入浴するための助言内容として、適切でないものを一つ選びなさい。
 1 . 
段差解消には、すのこ等を使用する。
 2 . 
シャワーチェアーを使用する。
 3 . 
滑らないバスマットを使用する。
 4 . 
石けんをケースに入れて床に置く。
 5 . 
浴室と洗面所の温度差を少なくする。

この介護福祉士 過去問の解説(4件)

評価する
4
評価しない
正解…「4」
ケースに入っていたとしても踏んだ際など滑って転倒の原因になる。
1、3は転倒防止
2は下肢筋肉への負担軽減
5は心臓への負担軽減
評価後のアイコン
2014/10/07 01:13
ID : fvejmypcpz
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
4
評価しない
1:○ 段差解消するためにすのこ等を使用することは間違いではない。段差があることにより転倒する可能性があるため。
2:○ シャワーチェアーを使用することにより安全に入浴することができる
3:○ 滑らないバスマットを使用することにより転倒を防止できる。
4:× 石鹸を床におくと転倒の原因となる
5:○ 浴室と洗面所の温度差を少なくすることで安全に入浴できる。急激な温度差は血液循環が変化する。
評価後のアイコン
2014/10/04 13:05
ID : jjuehzgo
評価する
2
評価しない
4.石鹸を床に置くことは、例えケースに入っていたとしても溶けた石鹸分などが床につき、床が滑りや少なり危険です。
残りの選択肢は正しい対処法といえます。
評価後のアイコン
2014/08/30 20:22
ID : bqzuosqqxo
評価する
0
評価しない
1:正しい。浴室における段差解消に、すのこ等を利用することは事故防止の観点から適切な助言だといえます。
2:正しい。浴室における事故防止の観点から、シャワーチェアを使用することは適切な助言だといえます。
3:正しい。浴室における事故防止の観点から、滑らないバスマットを使用することは適切な助言だといえます。
4:誤り。床に置くと転倒の原因となるため、適切な助言とはいえません。
5:正しい。ヒートショックを防止する観点から、温度差を少なくすることは適切な助言といえます。
評価後のアイコン
2017/02/20 11:34
ID : sxbqrotfe
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。