過去問.com

介護福祉士国家試験 第23回(平成22年度) 介護技術  過去問題 | 無料の試験問題

問題

次の事例を読んで、問題について答えなさい。
【事例】
5年前に介護老人福祉施設に入所したHさん(87歳、女性)は、入所当初は移動には車いすの 介助が必要であった。しかい、現在では車いすを自分で操作して移動し、何かにつかまれば2~3歩 は歩行可能で、移乗と排泄は自立している。Hさんは歌が好きで社交的である。最近は視力と下肢の 筋力の衰えが目立ち始めた。また、1ヶ月前には同じ年で仲の良かった友人が亡くなった。Hさんは 睡眠薬を服用するようになり、今日の明け方、入所後初めて失禁してしまった。Hさんは「こんなこ とになってしまって…」と泣きくずれた。

【問題】
Hさんの生活支援として、適切でないものを一つ選びなさい。

 1 . 
散歩に誘う。
 2 . 
足浴を行う。
 3 . 
ゆっくり話を聴く。
 4 . 
好きな歌を楽しむよう勧める。
 5 . 
行事の司会進行を依頼する。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
4

1:○ 気分転換に適している
2:○ 足浴を行うことで、気分転換になる。また下肢が温まることにより良好な睡眠を得ることが出来る
3:○ 話を聴くことで安心感を与えることができる。
4:○ 好きな歌を楽しむよう勧めることは適している。
5:× 落ち込んでいるときに行事の司会進行を依頼することは負担になる

2014/10/04 14:26
ID : jjuehzgo
3

正解は5です。
1~4は全て気分転換やリラックスに有効ですが、行事の司会進行は慣れていない人にとっては大変負担の大きなことです。泣き崩れるほど落ち込んでいる人にお願いするには不適切です。

2014/08/30 20:59
ID : bqzuosqqxo
border line
介護福祉士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。