介護福祉士国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

介護福祉士の過去問 第10598問 出題

問題

次の事例を読んで、問題について答えなさい。
【事例】
Lさん(78歳、男性)は、脳卒中後遺症で左片麻痺と麻痺性構音障害がある。自宅復帰を目的に、つい先日、 病院から介護老人保健施設に入所したところである。妻によるとLさんは若いころから口数が少なく控えめな人だという。
現在、Lさんの発語ははっきり聞き取れない状態である。リハビリ室では言語聴覚士と共に、ゆっくり単語を話す 練習をしている。Lさんは普段は穏やかだが妻の面会時に、顔を真っ赤にして怒っている様子が見られた。その後、 妻が介護従事者に「私が来るといつも夫が怒るんです。つらくて…」と相談に来た。

【問題】
Lさんの状態として、正しいものを一つ選びなさい。
 1 . 
舌や声帯などをスムーズに動かすことができない。
 2 . 
言いたいことを言葉として思い浮かべることができない。
 3 . 
聞くことができない。
 4 . 
会話の内容を理解することができない。
 5 . 
文章を読んで理解することができない。

この介護福祉士 過去問の解説(3件)

評価する
6
評価しない

1:○ 舌や声帯などをスムーズに動かすことができないため発語に障害が起こる
2:× 失語症の症状に言いたいことが思い浮かべられないという症状がある
3:× 聞くことが障害されるのは聴覚障害である。
4:× 失語症の症状で、会話の内容を理解できないが含まれている
5:× 失語症の症状で文章を読んで理解することができない

補足
失語症には,その症状によっていくつかの型に分類される。
ブローカ失語──運動性失語では、理解力は比較的よいが,なめらかに話せない。
ウェルニッケ失語──感覚性失語,理解力の障害がひどく,なめらかに話すことができても,全体として意味不明な話になりやすい。
評価後のアイコン
2014/10/18 14:23
ID : jjuehzgo
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
6
評価しない
正解は1です。
麻痺性構音障害とは、口や舌、喉などに麻痺があるためにはっきりと話すことができない状態のことをいいます。言葉の理解や注意力には問題がありません。
評価後のアイコン
2014/08/31 14:57
ID : bqzuosqqxo
評価する
2
評価しない
解答 1
<麻痺性構音障害とは>
舌や声帯をスムーズに動かして話すことが出来ない状態のことです。

2の状態は運動性失語です。
3の状態は聴覚障害です。
4.5の状態は感覚性失語です。
評価後のアイコン
2017/01/13 17:15
ID : garuxmwjpo
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。