過去問.com

介護福祉士国家試験 第22回(平成21年度) 家政学概論  過去問題 | 無料の試験問題

問題

片麻痺のある在宅高齢者の転倒予防に配慮した住環境に関する次の記述のうち最も適切なものを一つ選びなさい。

 1 . 
夜間の移動に配慮して、足元に光源を設ける。
 2 . 
立ち上がりのために、床と水平な手すりを設ける。
 3 . 
麻痺のある側に広く空間を取るように、ベッドを配置する。
 4 . 
床からベッドのマットレス上部までの高さを、60cm程度にする。
 5 . 
敷居の段差を、じゅうたんで覆って解消する。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
9

正解は 1 です。

2:立ち上がる為には、水平よりも垂直な手すりの方が適しています。

3:スペースは可能ならば健側に設けられるようにベッドを配置した方が、立ち上がり動作やその後の移動がスムーズになります。

4:床からベッドのマットレス上部までの高さは、基本的にベッドに端座位になった際、しっかりと足の裏が床につく高さにします。身長や立ち上がりやすいと感じる高さは人によって違いますが、大体40cm前後である事が多いようです。

5:敷居の段差を絨毯で覆う事で段差がわかりにくくなり、より転倒する危険性が増えてしまう可能性があります。

2014/12/17 15:55
ID : qxeqvpry
2

1、〇 足元に光源をもうけることにより、足元が見やすく安定しやすい。

2、× 水平な手すりよりも垂直な手すりのほうが立ちあがりやすい。

3、× 麻痺のあるほうよりも、健側のほうに広いスペースをとったほうが良い。動作が安易にしやすくなるため。

4、× 床からベッドのマットレス上部までの高さは、高齢者の足底がしっかりつけられる高さが良い。

5、× 段差をじゅうたんで覆ってしまうと段差が不明瞭になり転倒につながりやすくなる。




2014/08/17 17:16
ID : jjuehzgo
border line
介護福祉士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。