過去問.com

介護福祉士国家試験 第26回(平成25年度) 認知症の理解  過去問題 | 無料の試験問題

問題

成人の認知機能を評価する方法の中で、口頭での回答と図形の模写などで簡便に行えるものとして、適切なものを1つ選びなさい。

 1 . 
Functional Assessment Staging(F A S T)
 2 . 
改訂長谷川式簡易知能評価スケール
 3 . 
Mini-Mental State Examination(MM S E)
 4 . 
ビネー式知能検査
 5 . 
Clinical Dementia Rating(C D R)
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
32

正解は 3 です。

1:「FAST」とは、アルツハイマー型認知症の段階をADLの障害の程度によって分類したものです。口頭での回答を得る形ではなく、第三者が見て客観的に判断します。

2:「改訂長谷川式簡易知能評価スケール」とは口頭での回答を得て認知機能を評価する方法です。介護度の認定調査にもよく使われています。しかし問題文にあるような図形の模写の項目はありません。

4:「ビネー式知能検査」は知能指数、つまりIQを調べる検査なので、認知機能の評価は出来ません。

5:CDRは認知症の重症度を評価する為の方法です。医者の診察や、家族からの情報を元に評価されます。

2014/09/04 13:36
ID : qxeqvpry
3

正解は 3 です。

FAST・・・日常生活の様子(機能)によってアルツハイマー型認知症の病期を判定する、評価表のことを言います。

改訂長谷川式簡易知能評価スケール・・・主に記憶力を中心とした簡易知能検査です。言語性知能検査のため、失語症・難聴の方には困難です。

MMSE・・・記憶、計算、言語的能力、図形的能力を測定するための、世界で一番有名な知能検査です。

ビネー式知能検査・・・知能面の精神年齢を測定するもので、幼稚園から中学生の一般知能の測定に適しています。

CDR・・・認知症の重症度を評価するための検査で、6項目5段階で評価します。

2016/04/23 11:21
ID : jjmjtmfkja
0

正解は3です。
MMSE(ミニメンタルステート検査)は記憶力・計算力・言語力を測定し、30点満点のうち何点取れたかで知能の低下を診断する検査です。
また検査は、日付や場所、物の名前や計算、図形の模写などを口頭による質問形式で行います。

2016/05/10 20:48
ID : epcujbuen
border line
介護福祉士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。