過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第17259問」を出題

問題

[ 設定等 ]




セルフヘルプグループ(self-help group)の目的として、最も適切なものを1つ選びなさい。
 1 . 
療養上の管理指導を行う。
 2 . 
専門的知識を提供する。
 3 . 
自助具を作成する。
 4 . 
就労移行支援の窓口になる。
 5 . 
課題を共有する。
( 介護福祉士国家試験 第27回(平成26年度) 介護の基本 )

この過去問の解説(3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
53
評価しない
正解は 5 です。

セルフヘルプグループとは、言い換えると「自助グループ」です。
これは、同じような病気や悩みを抱えた人たちが集まり、お互いの体験を共有したり、悩みを人前で言葉にすることなどによって、今自分が抱えている問題にしっかりと向き合い、解決していこうとするものです。

アルコール・ギャンブル・薬物といった依存症、がんなどの病気、アダルトチルドレンや虐待といったトラウマを持っている人など、それぞれの悩みに合わせた集まりが行われます。

このセルフヘルプグループは、あくまで「自発的に」に参加している人たちの集まりだということがポイントです。
参加者全員が対等の立場であるため、1~4のように「誰かが誰かを支援する」ということはなされません。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
15
評価しない
正解は5です。
セルフヘルプグループは、課題を共有し、わかちあい、相互支援と相互扶助を行うものです。

各選択肢については以下のとおりです。
1→医療機関で行います。

2→各種の相談窓口です。相談内容により、医師、看護師、社会福祉士など各専門職が対応します。

3→自助具は既にある道具を作業療法士が加工するケースもあれば、自助具製作・研究をしているボランティアグループ、福祉用具製作を行っている企業などさまざまです。

4→ハローワークまたは、就労移行支援事業所で対応します。
評価後のアイコン
評価する
6
評価しない
正解は 5 です。

セルフヘルプグループは、心や生活習慣に問題がある人が集まり、自分たちの手で心身を管理し、悪い習慣からの立ち直りを目指すグループのことをいいます。

近年ではアルコール依存症や麻薬・薬物常習者のセルフヘルプグループがメディアで多く取り上げられるようになり、注目を集めています。

セルフヘルプグループには1から4の役割はありません。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。