過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第24172問」を出題

問題

[ 設定等 ]




知的障害のあるDさん(40歳、男性)は、就労移行支援事業所を利用して、現在、U株式会社に勤務している。ある時、就労移行支援事業所に勤務するE介護福祉職は、Dさんから、職場で上司から虐待を受けているという相談を受けた。介護福祉職の対応として、最も適切なものを1つ選びなさい。
 1 . 
我慢して職場を辞めないように助言した。
 2 . 
警察に通報した。
 3 . 
地域包括支援センターに報告した。
 4 . 
Dさんの勤務先がある市町村に通報した。
 5 . 
U株式会社に出向いて、虐待をやめるように申し入れた。
( 介護福祉士国家試験 第28回(平成27年度) 社会の理解 )

この過去問の解説(3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
37
評価しない
正解は4です。

障害者虐待防止法により、障害者に対する虐待を発見した場合は、市町村や都道府県に通報しなければなりません。

1.虐待を我慢させるなどあってはならない行為です。

2.時期尚早です。通報前に事実確認を行なうべきでしょう。

3.地域包括支援センターではなく、まず市町村に連絡しなければなりません。

5.問題を大きくしてしまう可能性があり、不適切な行動です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
15
評価しない
解答 4

障害者虐待防止法により、虐待を発見したときは市町村または都道府県へ通報することが義務づけられています。
評価後のアイコン
評価する
15
評価しない
正解は 4 です。

「障害者虐待防止法」では、
「養護者・施設職員・職場の上司による身体的・心理的・性的・経済的虐待や放置といった行為が障害者虐待にあたり、発見した人は市町村や都道府県に通報しなければならない」
と明記されています。

障害者と定義しているのは、障害者基本法にある「身体障害」「知的障害」「精神障害」を負う人のことです。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。