過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第24211問」を出題

問題

[ 設定等 ]




入浴時のヒートショックに関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。
 1 . 
高血圧の人は、ヒートショックを起こしにくい。
 2 . 
ヒートショックは、夏に起こりやすい。
 3 . 
ヒートショック予防として、浴室・脱衣室と居室との温度差を小さくする。
 4 . 
ヒートショック予防として、湯の温度設定は高めにする。
 5 . 
ヒートショックは、入浴前に起こりやすい。
( 介護福祉士国家試験 第28回(平成27年度) 生活支援技術 )

この過去問の解説(3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
13
評価しない
正解は 3 です。

ヒートショックの大きな原因は、急激な温度変化です。浴室・脱衣室・居室の温度差を少なくすることで、防止することが出来ます。

1.高血圧の人は血圧が大きく変動しやすく、ヒートショックが起こりやすいです。降圧剤を使用している場合は、薬の影響を受ける場合もあります。

2.夏ではなく、寒い冬に起こりやすいです。

4.お湯の温度が高いと、血圧が大きく上昇します。この状態で、寒い場所へ移動すると、急激に血圧が下がり、ヒートショックを引き起こします。

5.起こりやすいのは入浴後です。温まった身体が急激に冷やされることで起こります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
6
評価しない
ヒートショックは、近年ニュースなどでもよく聞かれると思います。

急激な温度変化(浴室⇔脱衣⇔部屋など)によって血圧が変動し、心筋梗塞などが発症します。主に、入浴中に亡くなる人が増えています。

湯の温度が高いと血圧が上昇し、しばらくして血圧の低下が起こり、意識喪失につながります。

対策としては、湯はりの際にシャワーを使い浴室内を温めたり、脱衣専用の暖房を用意したりして、温度差を少なくすることが重要です。

以上により、選択肢3が正解となります。
評価後のアイコン
評価する
4
評価しない
最も適切なものは3です。

他の選択肢については、以下のとおりです。
1.高血圧の人はヒートショックを受けやすいです。
ヒートショックは急激な温度変化により、血圧が乱高下したり、脈拍が変動することで起きます。ただでさえ、高血圧の人は血圧の変動が起きやすいからです。

2.浴室と脱衣所の気温差が大きいのは冬です。冬に起こりやすいです。

4.お湯の温度は38℃~40℃が適切です。高めに設定すると、温度差もそれだけ大きくなってしまいます。

5.入浴後に起こりやすいです。温度差を想像すると良いでしょう。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。