過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第24220問」を出題

問題

[ 設定等 ]
介護福祉職の情報収集に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。
1 .  情報は、多角的・継続的に収集する。
2 .  収集した情報は、取捨選択せずに記録する。
3 .  主観的情報は、計測器を用いて収集する。
4 .  利用者が発した言葉は、介護福祉職の主観を加えて記録する。
5 .  プライバシーに関する情報は、集団面接で収集する。
( 介護福祉士国家試験 第28回(平成27年度) 介護過程 )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
13
評価しない
正解は 1 です。

情報は多角的・継続的に収集するようにしなければなりません。

2.取捨選択しないと情報量が膨大になり、何が重要なのかわからなくなってしまいます。
何が大事なのかを判断できる能力を身につけ、必要な情報を記録するようにします。

3.計測器を用いて収集するのは、客観的情報です。

4.利用者が発した言葉は、そのままを記録します。主観は正しいとはいえません。

5.集団面接のような場所でプライバシーに関する情報を収集するのは、適切ではありません。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
9
評価しない
1.正しい。情報は多角的・継続的に収集することが必要です。

2.誤り。取捨選択とは、必要なものを選び不要なものを捨てるという意味です。情報は取捨選択が必要です。

3.誤り。計測器を用いるのは客観的情報です。客観的・主観的情報も同年の試験問題で出題があります。

4.誤り。利用者が発した言葉はそのまま記載します。

5.誤り。プライバシーに関する情報は慎重に扱わなければなりません。集団面接のような場所で収集するのは不適切です。

以上により、選択肢1が正解となります。
評価後のアイコン
評価する
4
評価しない
最も適切なものは1です。

他の選択肢については以下のとおりです。

2.単なる情報の羅列では読みにくく、あとで必要な事柄をそこから拾うにも時間がかかってしまいます。必要なものを記録します。

3.主観的情報は利用者の訴えになります。計測器を用いたものは客観的情報です。

4.利用者の発した言葉はそのまま記録します。

5.集団面接だと自分以外の第三者がいるわけで、聞かれたくないことが知られてしまう可能性があります。プライバシーに関するものは慎重に扱うべきであり、この選択肢は不適切です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。