過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第28073問」を出題

問題

[ 設定等 ]




「障害者差別解消法」に関する次の記述のうち、適切なものを1つ選びなさい。
 1 . 
就労における具体的な差別を直接明示している。
 2 . 
個人による差別行為への罰則規定がある。
 3 . 
行政機関等と事業者に対して、不当な差別的取扱いを禁止している。
 4 . 
市町村は、障害者差別解消支援地域協議会を設置しなければならない。
 5 . 
障害者の差別に関する相談窓口として、相談支援事業所が指定されている。
( 介護福祉士国家試験 第29回(平成28年度) 社会の理解 )

この過去問の解説(3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
23
評価しない
正解は「3」です。
障害者差別解消法とは障害のある人に合理的配慮を行うことなどを通じて、共生社会を実現することを目指すことをさします。

不正解とその解説
「1」・・・就労における具体的な差別は記載されていません。

「2」・・・差別行為への罰則規定は記載されていません。

「4」・・・相談窓口は存在しますが、設置義務ではありません。

「5」・・・相談支援事業所は指定されておりません。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
12
評価しない
正解は3です。

障害者差別解消法の第一条に「行政機関等及び事業者における障害を理由とする差別を解消するための措置等を定める」と記載されています。

1.具体的な差別については記載されていません。

2.個人による差別行為への罰則行為は記載されていません。

4.協議会は都道府県や市町村のそれぞれの段階で設置することはできますが、義務ではありません。

5.相談支援事業所の指定はありません。
評価後のアイコン
評価する
9
評価しない
障害者差別解消法では、不当な差別的取扱いや合理的配慮の提供を求めています。
よって、正解は3になります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。