過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第33240問」を出題

問題

[ 設定等 ]




「睡眠の時間は十分にとれているが、ぐっすり眠れた感じがしない状態」に当てはまる不眠症(insomnia)として、最も適切なものを1つ選びなさい。
 1 . 
入眠障害
 2 . 
中途覚醒
 3 . 
熟眠障害
 4 . 
早朝覚醒
 5 . 
時差症候群(jet lag syndrome)
( 介護福祉士国家試験 第30回(平成29年度) こころとからだのしくみ )

この過去問の解説(3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
24
評価しない
最も適切なものは3です。
問題文のとおりです。

他の選択肢については以下のとおりです。
1.入眠障害は床についても30分~1時間以上寝付けない障害です。

2.中途覚醒はいったん眠りについたものの、何度も目が覚めて、睡眠がとれない障害です。

4.早朝覚醒は希望した時間や通常の2時間以上前に目が覚め、その後眠ることができない障害です。

5.時差症候群は、海外など時差のあるところで過ごす際にみられるいわゆる「時差ボケ」です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
8
評価しない
正解は3です。

1,入眠障害は寝ようとして30分から1時間で寝付けない障害です。
2,中途覚醒は、途中で起きることです。睡眠は十分にとれていると書いてあるので違います。
4,早期覚醒は、眠る時間が少ないことです。1日活動できれば問題ありませんが、日中の活動に支障がでる程度の睡眠時間だと問題です。
5,時差症候群とは、海外などの時差があるところにいくと起こる病気です。時間がたてば治るケースがほとんどです。
評価後のアイコン
評価する
6
評価しない
1.誤
入眠障害とは布団に入ってから眠りにつくまでの時間が30分以上かかる、いわゆる「寝つきが悪い」症状であるため誤りです。

2.誤
中途覚醒とは夜中に何度も目が覚めてしまう症状であるため誤りです。

3.正
睡眠時間は十分にとったはずなのに、熟睡したという満足感が得られない状態です。これはノンレム睡眠時間が短く、脳が深く眠れていないためです。

4.誤
早期覚醒とは起床しようと思う時間よりもやたらに早く目が覚めてしまう症状であるため誤りです。

5.誤
いわゆる時差ボケで4~5時間以上時差のある地域へジェット機で高速移動した時に体内時計にズレが生じて夜になっても寝付くことができず、寝付いても何回も目が覚めてしまう症状であるため誤りです。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。