過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第48712問」を出題

問題

[ 設定等 ]




「働き方改革」の考え方に関する記述として、適切なものを1つ選びなさい。
(注)ここでいう「働き方改革」とは、「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律」に基づく諸施策の実施のことである。
 1 . 
長時間労働は日本社会の特質で、時間外労働の限度の設定は困難である。
 2 . 
有給休暇の取得よりも、働くことが優先される。
 3 . 
働く人々のニーズに応じた、多様な働き方を選択できる社会の実現を図る。
 4 . 
正規雇用労働者と非正規雇用労働者の待遇の格差が存在することは、当然である。
 5 . 
「働き方改革」は、中小企業は対象でない。
( 介護福祉士国家試験 第32回(令和元年度) 社会の理解 )

この過去問の解説(1件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
5
評価しない
1.「残業時間の上限は原則として、月45時間・年360時間とし、臨時的な特別な事情がなければ認められない」と法的に定められています。

2.有給休暇が10日以上ある労働者は年間5日間、有給を取得することが義務付けられています。

3.「働き方改革」の指針(厚生労働省)で明記されています。3が正解になります。

4.正規雇用者と非正規雇用者の待遇の格差を解消するため、「同一賃金同一労働」が2020年4月1日から施行されています。

5.「働き方改革」は中小企業も対象になります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。