過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第48746問」を出題

問題

[ 設定等 ]




介護老人保健施設の利用者の身じたくに関する専門職の役割として、最も適切なものを1つ選びなさい。
 1 . 
介護支援専門員(ケアマネジャー)は、洗面時の関節可動域の制限を改善する。
 2 . 
支援相談員は、着脱に使用する福祉用具を選定する。
 3 . 
栄養士は、破損した義歯を修復する。
 4 . 
看護師は、糖尿病( diabetes mellitus )に伴う管理が必要な利用者の爪切りを行う。
 5 . 
理学療法士は、身体状況に合わせて衣類を作り直す。
( 介護福祉士国家試験 第32回(令和元年度) 生活支援技術 )

この過去問の解説(2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
4
評価しない
施設利用者の身じたくに関する専門職の役割に関する問題です。

1.洗面時の関節可動域の制限を改善するのは理学療法士の役割です。

2.支援相談員は、相談援助業務を行う専門職です。

3.破損した義歯を修復するのは歯科技工士です。

4.糖尿病等感染症リスクがある利用者の爪切りは看護師が担うことが求められます。よって、4が正解になります。

5.理学療法士は身体の運動機能が低下した人へ運動機能の改善や維持目的としたリバビリテーションを行う専門職です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
1.×
洗面などの日常生活動作の訓練(関節可動域訓練含む)は、作業療法士が行います。

2.×
福祉用具の選定は、リハビリスタッフや福祉用具専門相談員が行います。

3.×
破損した義歯の修復は歯科技工士の役割です。

4.○
糖尿病の方の指先は、血流障害や神経障害を起こす可能性が非常に高く、日頃から観察が必要です。
また感染を起こしやすいため爪の切り方に細心の注意を払う必要があり、看護師が行うことが最適です。

5.×
理学療法士は、起床や歩行、寝返りなどの基本となる体の動作に対してリハビリを行います。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。