介護福祉士国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

高次脳機能障害の原因疾患

高次脳機能障害にはどのような疾患があり、またどのような支障が起こるのでしょうか。今回は高次脳機能障害について説明していきます。

高次脳機能障害とは?

高次脳機能障害とは病気や交通事故などの外的要因により、脳に損傷をきたし、言語障害や記憶障害など、言語機能などの能力低下や精神機能障害の状態を指します。

日常生活にも支障がでるほどの症状です。

主に現れる症状としては下記のような症状があります。

上記以外にも様々な症状が現れることがあります。

p132794014917428641259.jpg

高次脳機能障害の原因疾患

高次脳機能障害を発症する主な原因として、脳卒中が大半を占めています。

脳卒中となる原因は3つの症状が考えられています。

があります。

その他にも脳外傷、低酸素脳症などが原因疾患ともいわれています。

介護現場での高次脳機能障害への対応

利用者さんにも様々な既往歴がありますが、中には高次脳機能障害から発症しているケースもあることを理解しておけば、利用者さんのペースに合わせることができるようになるでしょう。

介護現場では時間に追われるシーンが多く、思うようにいかない状況もありますが、ほんの少しの理解があれば、日々の対応の仕方にも変化が起きるかもしれません。

介護職は利用者さんと一番近くに接する職種ですので、ほんの少しの変化を積み重ねながら、お互いに無理のないケアを提供していきたいものですね。

p4394014917594951415.jpg
介護福祉士 過去問

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。