過去問.com

第28回 管理栄養士国家試験 人体の構造と機能及び疾病の成り立ち    管理栄養士 過去問 | 無料の過去問題

問題

疾患の治療に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

 1 . 
移植片対宿主反応は、輸血製剤中の赤血球が組織を傷害することをいう。
 2 . 
放射線治療では、食欲が増進する。
 3 . 
血液透析は、腹膜を用いた血液浄化法である。
 4 . 
心房細動には、人エペースメーカ植込を行う。
 5 . 
アルブミン製剤の投与は、成分輸血にあたる。
この管理栄養士 過去問の解説(3件)
0

正解は 5 です。

1 移植片対宿主反応とは、移植された血液のリンパ球が、患者の身体を非自己と判断し免疫反応が起きてしまうことです。

2 放射線治療では食欲が低下します。

3 血液透析とは、患者の血液を体外に出して、ダイアライザーという装置の中で透析を行う方法です。医療機関で行うため通院の必要がありますが、透析の効率は高いです。

一方、腹膜透析とは患者の腹膜に透析液を注入して、体内で透析を行う方法です。在宅での管理が可能ですが、透析効率は低くなります。

4 心房細動の治療は、一般的に薬物で行います。必要な場合には、ペースメーカーの埋込も行いますがすべての症例に行うわけではありません。

2015/08/10 20:49
ID : ytvubsbkt
付箋メモを残すことが出来ます。
0

正解は 5 です。

1:移植片対宿主反応は、自己とは異なるものに対する免疫反応です。

2:放射線治療では、食欲が低下します。

3:血液透析は、主として前腕の静脈と動脈を手術でつなぎ、そこから血液を抜いて、血液透析装置を通して血液浄化を行う方法です。腹膜を用いるのは、腹膜透析という方法です。

4:すべての心房細動にペースメーカー埋め込みが必要なわけではありません。

2015/01/30 17:46
ID : xcqtoykmkd
0

正解は 5 です。

人体の構造と機能及び疾病の成り立ち/疾患治療の概要からの出題です。

1.移植片対宿主反応とは、移植された免疫担当細胞が宿主の組織を攻撃する反応のことで、リンパ球が該当します。

2.放射線治療では食欲が低下します。食欲低下は代表的な副作用の一つです。

3.血液透析は人工膜を用いて血液浄化を行います。腹膜を用いるのは、腹膜透析です。

4.心房細胞では主に薬物療法が行われます。人工ペースメーカーは徐脈性の不整脈などで用いられることが一般的です。

5.記載の通りです。成分輸血とは、必要な成分のみを用いる方法のことを言います。

2016/05/30 17:57
ID : oovsedpp
border line
過去問.com 管理栄養士国家試験の授業
過去問.com(過去問ドットコム)は、過去問と予想問題の解説つき無料問題集です。
試験対策の勉強方法 として、無料で過去問題にチャレンジすることが出来ます。
1問1答形式で解答・解説を確認することができ、試験問題をランダムに出題する機能も備えています。
パソコン、スマートフォン(スマホ)から無料でご利用いただけます。
この管理栄養士 過去問のURLは  です。
border line
過去問.com

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。