過去問.com

第28回 管理栄養士国家試験 応用栄養学  過去問題 | 無料の試験問題

問題

ストレスの汎(全身)適応症候群に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

 1 . 
警告反応期の反ショック相では、体温が低下する。
 2 . 
警告反応期のショック相では、血圧が低下する。
 3 . 
抵抗期では、新たなストレスが加わると抵抗力は強くなる。
 4 . 
疲はい期では、ストレスに対して生体が適応力を獲得している。
 5 . 
警告反応期のショック相では、血糖値が上昇する。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
0

正解:2

警告反応期とはストレス刺激を受けたときの初めの反応のことを言います。このうちショック相とは体温や血圧、血糖値が低下したり神経系の活動が低下する一時的なショック状態のことを言います。反ショック相とは、ショック状態を解消するために体温や血圧、血糖値等が上昇することを言います。

抵抗期とはストレス刺激が静態に適応した時期のことをいい、ストレス抵抗性が高くなり、新たなストレスが加わることで低下します。

疲はい期とはストレスが長い期間続くことで抵抗性がなくなり、生体諸機能が低下し身体に異変を起こすため、適応力は獲得できていないと言えます。

2016/07/28 17:10
ID : opbapyocf
0

正解は、2です。

ストレスの汎(全身)適応症候群とは、ストレッサ―に対する生体の非特異的な反応のことです。

この反応は、警告反応期→抵抗期→疲憊(ひはい)期の3つの時期からなります。


1 . 警告反応期の反ショック相では、体温・血圧・血糖値の低下や神経系の活動が低下し、一時的なショック状態となります。
そのショック状態を解消するために副腎からアドレナリン・グルココルチコイドのホルモンが分泌され、体温・血圧・血糖値などが上昇します。

2 .〇

3 .抵抗期では、ストレスに対する抵抗性は高まります。また、「新たなストレスが加わる」に対しては弱まります。

4 . ストレスが長く続くとストレスに対する抵抗性は低下していきます。

5 . 1の解説を参照

2015/11/16 10:35
ID : nbfwghucx
0

正解は 2 です。

ストレスの汎適応症候群における反応は、下記の3段階の過程に分けられます。

初期【警告反応期】
・生体に刺激が与えられた直後をショック相といいます。
・刺激に対する積極的な防御反応(交感神経の亢進等)を呈する時期を反ショック相といいます。交感神経が亢進するので、体温、血圧、心拍数等が上昇します。

中期【抵抗期】
・刺激に対してさらに抵抗性が増大します。

後期【疲はい期または消耗期】
・刺激が抵抗の限界を超えてしまい、抵抗性が失われた状態です。

2015/03/01 15:31
ID : xcqtoykmkd
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。