過去問.com

第27回 管理栄養士国家試験 人体の構造と機能及び疾病の成り立ち  過去問題 | 無料の試験問題

問題

脳死と判定するための必須項目である。誤っているのはどれか。1つ選べ。

 1 . 
心停止
 2 . 
深昏睡
 3 . 
自発呼吸の消失
 4 . 
対光反射の消失
 5 . 
瞳孔の散大
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
0

誤っているものは、【1.心停止】です。

脳死判定の項目として、
 ○深い昏睡
 ○瞳孔の散大と固定
 ○脳幹反射の消失
 ○平坦な脳波
 ○自発呼吸の停止
 ○6時間以上経過した後の上記の検査
をもって脳死と判定されます。

これらは、必要な知識と経験を持った移植に無関係の医師2人によって行います。
心臓、肺、脳の全ての機能停止をもって、死亡と認められます。

2015/07/13 18:49
ID : ycckspwhv
0

正解は 1 です。

人体の構造と機能及び疾病の成り立ち/加齢・疾患に伴う変化からの出題です。

脳死の判定には
(1)深昏睡
(2)呼吸停止
(3)瞳孔散大
(4)脳幹反射の消失
(5)平坦脳波
という5項目が使われます。
選択肢のうちあてはまらない 1 が正解だとわかります。

2016/08/10 15:40
ID : oovsedpp
0

正解は1.【心停止】です。
法的脳死判定を行う場合は、判定医が2人以上必要となり、この判定医は、臓器移植に関わらない者で、豊富な経験と必要な知識を持つ医師が行います。

法的脳死判定の項目は以下の6つです。
①深い昏睡
②瞳孔の散大と固定
③脳幹反射の消失
(咳反射・角膜反射・対光反射の消失などで判断)
④平坦な脳波
⑤自発呼吸の停止
⑥6時間以上経過した後の上記一連の検査

2016/04/18 10:54
ID : hyqgtumzsd
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。