過去問.com

第27回 管理栄養士国家試験 食べ物と健康  過去問題 | 無料の試験問題

問題

食品のテクスチャーに関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

 1 . 
えん下困難者用食品の許可基準には、付着性の基準値がある。
 2 . 
砂糖濃度が同じとき、ゲルがゾルよりも甘味を強く感じる。
 3 . 
生クリームは、油中水滴型エマルションである。
 4 . 
マヨネーズの粘度は、コロイドの平均粒子径が大きいほど高い。
 5 . 
流動性をもったコロイド分散系を、ゲルという。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
0

正解は 1 です。

食べ物と健康/食事設計と栄養・調理

1.正しい記載です。付着性や凝集性、かたさについて規格基準が設定されています。

2.砂糖濃度が同じであればゲル強度が低いほど甘味を強く感じるので、ゾルの方が甘味を強く感じます。

3.生クリームは水中油滴型のエマルジョンです。

4.マヨネーズ粘度は粒子径が小さい方が高くなります。

5.ゲルは流動性を失った状態です。流動性をもったコロイド分散系はゾルと言います。

2016/10/30 20:50
ID : oovsedpp
0

1.えん下困難者用食品の許可基準には、付着性のほか、凝集性や硬さの基準値があります。
よって、正しい答えとなります。

2.砂糖濃度が同じとき、ゾルがゲルよりも甘味を強く感じます。
味覚を感じる味蕾に触れる面積がより大きい水溶液の方が味を強く感じます。

3.生クリームは、水中油滴型エマルションです。

4.マヨネーズの粘度は、コロイドの平均粒子径が小さいほど高くなります。

5.流動性をもったコロイド分散系を、ゾルといいます。

2016/07/28 18:31
ID : hvhomzxu
0

正解は 1 です。

2:砂糖濃度が同じときは、流動性のあるゾルの方が甘味を強く感じます。

3:生クリームは、水中油滴型エマルションです。牛乳・マヨネーズなどもこのタイプです。バター・マーガリンなどは、油中水滴型エマルションです。

4:マヨネーズの粘度は、コロイドの平均粒子径が小さいほど安定し、高いです。

5:流動性をもったコロイド分散系を、ゾルといいます。弾性があり固まった状態のものをゲルといいます。

2015/03/19 18:32
ID : zserdqsf
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。